【事例あり】会社説明会資料を作る際のポイントとは?事例付きで解説します

News

052-589-6850052-589-6850

受付時間

平日9:00-17:30
土曜9:00-15:00 日祝休

【事例あり】会社説明会資料を作る際のポイントとは?事例付きで解説します

目次

【事例あり】会社説明会資料を作る際のポイントとは?事例付きで解説します会社説明会の資料は、参加者に企業の魅力や情報を効果的に伝えるための重要なツールです。
これは、参加者が会社の理解を深め、興味を持ち、最終的には応募を促進する役割を果たします。
資料は、単なる情報提供だけでなく、参加者の興味を引き、印象づけるための手段として設計される必要があります。
視覚的な要素や具体的な事例を活用することで、参加者が情報をより理解しやすく、記憶に残りやすくなります。
さらに、配布された資料は参加者が後で再確認しやすくすることで、会社の情報の定着や記憶の補強にも役立ちます。
これらの要素を組み合わせることで、会社説明会の資料は参加者の関心を引き、企業の魅力を最大限に伝えることができます。

会社説明会の資料の役割とは?

①企業の魅力を視覚的にアピールできる

会社説明会資料を作成する際に、視覚的な要素を活用することは非常に重要です。
なぜなら、参加者が企業の魅力を直感的に理解しやすくなり、情報がより印象的に伝わるからです。

まず、写真は強力なツールです。会社のオフィスや工場、社員の活動やイベントの写真を資料に掲載することで、参加者に企業の雰囲気や文化を伝えることができます。
特に、笑顔があふれる社員の写真や、チームワークを感じさせるシーンは、企業の魅力をよりリアルに伝える効果があります。

次に、グラフやチャートなどのデータ可視化ツールも重要です。
数字や統計データをグラフにまとめることで、企業の成長や実績をわかりやすく示すことができます。
例えば、売上推移や市場シェアの変化、社員の満足度調査結果などをグラフにして、参加者に具体的な数字を提供しましょう。

さらに、インフォグラフィックは複雑な情報を分かりやすく整理するのに役立ちます。
企業の特徴や強み、サービスや製品の特長などをインフォグラフィックで視覚的に表現することで、参加者が一目で理解しやすくなります。
色やアイコンを活用して、情報を鮮やかに表現しましょう。

②配布することによるリマインド効果

【事例あり】会社説明会資料を作る際のポイントとは?事例付きで解説します会社説明会資料を配布することによるリマインド効果は、参加者の会社に対する印象を深める上で非常に重要です。
会社説明会で提供された資料を参加者が持ち帰ることで、彼らは後で再確認する機会を得るだけでなく、他者と情報を共有しやすくなります。

まず、参加者が会社説明会で受けた情報を後で再確認できることは、彼らが会社に対する理解を深めるのに役立ちます。
会社のビジョンやミッション、事業内容など、多くの情報が一度に提供される場合、参加者は全てを瞬時に理解することは難しいかもしれません。
しかし、配布された資料を後で見直すことで、彼らはより深く情報を吟味し、企業の魅力を再認識することができます。

さらに、資料を持ち帰ることで、参加者は家族や友人、同僚など他者と情報を共有することができます。
自分の経験や印象を語り、資料を通じて企業について話すことで、会社の理解がより深まります。
また、参加者が会社の情報を他者に伝えることで、彼ら自身もより確固たる理解を得ることができます。

③情報の統一と正しい理解の促進

会社説明会資料が参加者に企業に関する情報を一貫して伝えることで、正しい理解を促進する点は非常に重要です。
情報が統一されていることで、参加者は企業の全体像を把握しやすくなります。
特に複数のスピーカーがいる場合には、資料が情報の統一を担う重要な役割を果たします。

まず、会社説明会資料は様々な情報を一貫してまとめることが求められます。
例えば、会社のビジョンやミッション、事業内容、企業文化など、参加者が理解する必要がある重要な情報を全て網羅する必要があります。
このように情報が統一されていると、参加者は会社の全体像をより明確に把握することができ、混乱や誤解を避けることができます。

さらに、複数のスピーカーがいる場合には、会社説明会資料が情報の統一を担う重要な役割を果たします。
異なるスピーカーからの情報が一貫していることで、参加者は企業に関する情報をより信頼しやすくなります。
また、資料を後で参照することで、スピーカーの発言と照らし合わせることができ、情報の理解が深まります。

就活生が会社説明会に求める内容

就活生が会社説明会に求める内容は多岐にわたりますが、以下の要点が挙げられます。

  • 企業の魅力的な特徴の紹介
    就活生は、会社の魅力や特徴を知りたいと考えています。
    業界での地位や成長性、社風や働く環境など、企業の魅力的な特徴を具体的に紹介して欲しいと思っています。
  • 仕事内容やキャリアパスの明確な説明
    就活生は、将来の職種や業務内容、キャリアパスについて具体的に知りたいと考えています。
    企業がどのような職種や仕事内容を提供しているか、また、どのようなキャリアパスがあるかについて明確に説明して欲しいと思っています。
  • 社員の声や体験談の共有
    就活生は、社員の声や体験談を通じて、会社の雰囲気や働き方を知りたいと考えています。
    社員の声や体験談を通じて、リアルな情報を得ることができるため、積極的に共有して欲しいと思っています。
  • 選考プロセスや応募方法の説明
    就活生は、選考プロセスや応募方法についても詳細を知りたいと考えています。
    選考プロセスや応募方法が明確に説明されていると、就活生は安心して応募することができます。
  • 質疑応答の時間の設定
    就活生は、質疑応答の時間が設けられていると嬉しいと考えています。
    質問に答えることで、就活生の不安や疑問を解消することができるため、積極的に質疑応答の時間を設けて欲しいと思っています。

会社説明会資料に掲載すべき9項目

1.会社紹介・概要

【事例あり】会社説明会資料を作る際のポイントとは?事例付きで解説します会社説明会資料の最初の項目は、企業の基本情報や概要を紹介することです。
会社の設立年、所在地、事業領域、規模など、参加者が企業を把握するのに役立つ情報を提供します。

2.企業理念(MVV)

【事例あり】会社説明会資料を作る際のポイントとは?事例付きで解説します

企業のミッション、ビジョン、バリュー(MVV)を明確に示すことが重要です。
企業の理念が参加者に共感を呼び起こし、企業との関わり方を決定する上で重要な指針となります。

3.事業内容

【事例あり】会社説明会資料を作る際のポイントとは?事例付きで解説します

【事例あり】会社説明会資料を作る際のポイントとは?事例付きで解説します

 

 

 

 

企業がどのような事業を展開しているのかを詳細に説明します。
事業内容が明確に理解されることで、参加者は企業のビジネスモデルや市場位置を把握しやすくなります。

4.仕事内容

参加者が応募する職種やポジションの具体的な仕事内容や業務内容を明確に示します。
これにより、参加者は自身の適性や興味に合った仕事を見つけることができます。

5.募集要項

【事例あり】会社説明会資料を作る際のポイントとは?事例付きで解説します応募条件や募集要項(募集職種、勤務地、必要なスキルなど)を明確に示します。
参加者が自身の条件と企業の要件を照らし合わせることができるよう、詳細な情報を提供します。

6.入社後の待遇

【事例あり】会社説明会資料を作る際のポイントとは?事例付きで解説します給与、福利厚生、研修制度など、入社後の待遇について詳細に説明します。
入社後の給与体系や給与水準、昇給やボーナスなどの詳細を示し、参加者が将来の収入を見積もる上での参考となるようにします。
次に、社会保険や厚生年金、健康保険などの基本的な福利厚生制度だけでなく、住宅手当や家族手当、社員割引制度などの特典や補助制度についても記載します。

7.社員のキャリア形成について

社員のキャリアパスやキャリア開発支援制度について詳細に説明します。
参加者が企業でのキャリアの成長やスキルアップの可能性を理解しやすくなるよう、具体的な情報を提供します。
入社後のキャリアパスや昇進の仕組み、異動やキャリアチェンジの機会など、社員が自身のキャリアをどのように構築していけるかを示します。
また、上司やマネージャーとのキャリア面談やキャリアコンサルティングなど、社員のキャリア形成を支援する仕組みについても説明します。
キャリア開発支援制度についても詳細に説明します。
社内研修プログラムや外部セミナーへの参加支援、資格取得支援など、社員がスキルアップやキャリアアップを目指す際の支援体制について具体的に示します。
また、メンターシッププログラムやローテーション制度など、社員が多様な経験を積みながら成長できる仕組みについても説明します。

8.社風・企業文化

【事例あり】会社説明会資料を作る際のポイントとは?事例付きで解説します【事例あり】会社説明会資料を作る際のポイントとは?事例付きで解説します

 

 

 

 

企業の雰囲気や価値観、社風などを参加者に伝えます。
これにより、参加者が企業の文化に適応しやすくなります。

まず、企業の雰囲気や社風について説明します。
これは、企業がどのような職場環境や労働風土を持っているのかを示すものです。
例えば、フラットな組織文化を持つ企業や、アットホームな雰囲気の職場など、企業の特徴や雰囲気を説明します。

次に、企業の価値観や信念についても説明します。
企業がどのような価値観や理念を重視しているのかを示し、社員が共感しやすい企業文化を持っているかどうかを示します。
例えば、社会貢献活動や環境保護活動など、企業が持つ社会的責任や価値観を説明します。

9.よくある質問/回答

参加者からよく寄せられる疑問や不明点に対する回答を用意することで、参加者が疑問や不明点を解消しやすくなります。
例えば、企業の業績や成長戦略、社員の働き方やキャリア開発制度、企業のビジョンや価値観などに関する質問を想定し、それに対する詳細な回答を提供します。

会社説明会資料の作り方

説明会資料に盛り込む内容を選定する

まず、説明会資料に盛り込む内容を選定する際には、参加者が会社について理解しやすいような情報を選びます。
企業の概要やビジョン、事業内容、募集要項、福利厚生など、参加者が知りたいと考えるであろう情報を重点的に取り入れます。
また、参加者の興味を引きそうな事例や社員の声なども効果的な情報として取り入れることができます。

スライド以外の資料との重複をチェック

次に、スライド以外の資料との重複をチェックします。
会社説明会では、パンフレットやハンドアウト、デモンストレーションなど、スライド以外の資料を使用することが一般的です。
こうした資料がある場合には、重複する内容がないかを注意深くチェックし、効果的な情報の配分を行います。
資料の多様性を活用することで、参加者により深い理解を促すことができます。

マクロ→ミクロの視点で構成する

最後に、マクロからミクロの視点で構成することが重要です。
まず、会社の大まかな概要やビジョンなどのマクロな情報から説明を始め、徐々に詳細な情報や具体例などのミクロな情報に移行していく構成が効果的です。
このような構成は、参加者が会社全体のイメージをつかみやすくし、その後の詳細な情報理解を助けます。

【事例付き】会社説明会資料パワポ・スライドの作成ポイント

1スライド1テーマを徹底する。

1スライド1テーマを徹底することは、会社説明会資料のパワポ・スライド作成において非常に重要です。
この原則に従うことで、参加者が情報を素早く理解しやすくなります。

各スライドには1つの主題やテーマを明確に示し、それに関連する情報をまとめます。
例えば、企業の概要やビジョン、事業内容、募集要項など、1つのスライドに1つのトピックを掲げます。
これにより、参加者が情報を追いやすくなり、内容の理解度も高まります。

また、1スライド1テーマの原則を徹底することで、スライドが見やすくなります。
情報が過剰に詰め込まれていると、参加者が混乱しやすくなりますが、1つのテーマに焦点を当てたスライドは、情報の整理がしやすくなります。

さらに、1スライド1テーマを徹底することで、プレゼンテーションの流れがスムーズになります。
トピックごとに明確な区切りが設けられるため、説明の論理的な進行が促進されます。

文字数は極力減らして見える大きさに

文字数を極力減らし、見やすい大きさの文字を使用することは、会社説明会資料のパワポ・スライド作成において重要なポイントです。
参加者が情報を素早く吸収しやすくするために、以下のような工夫が必要です。

まず、スライドには必要最低限の情報のみを掲載します。
冗長な表現や余分な情報は省略し、簡潔な表現にまとめます。具体的には、要点を端的に伝えるキーワードや短いフレーズを使用し、長文や詳細な説明は避けます。

また、見やすい大きさの文字を使用することも重要です。
文字が小さいと参加者が読みにくくなり、情報を理解するのに時間がかかってしまいます。
そのため、スライドのテキストはできるだけ大きなフォントサイズで表示し、遠くからでも読み取りやすくします。

さらに、分かりやすい表現を心がけることも重要です。
専門用語や難解な表現は避け、参加者が理解しやすい言葉やフレーズを使用します。
言葉の選び方や文法の工夫により、情報を素早く吸収できるよう配慮します。

図や写真を用いてイメージさせる

【事例あり】会社説明会資料を作る際のポイントとは?事例付きで解説します図や写真を用いてイメージを伝えることは、会社説明会資料のパワポ・スライド作成において極めて重要です。この方法を活用することで、参加者が情報をより鮮明に理解し、視覚的な印象を受けることができます。

まず、図や写真を使用することで、抽象的な概念や複雑な情報を具体的なイメージに変換します。例えば、企業の事業領域や製品の構造、サービスの特徴など、テキストだけでは伝えきれない情報をビジュアル化します。これにより、参加者が情報をより直感的に理解しやすくなります。

さらに、視覚的な情報は参加者の記憶にも残りやすく、理解を助けます。人間の脳は視覚情報を処理する能力が高いため、図や写真を用いることで、参加者が情報をより深く理解しやすくなります。特に、会社の製品やサービスのイメージを具体的に示すことで、参加者の興味を引き、印象に残りやすくします。

ページ数は「総時間」と「1枚に使う時間」から設定する

ページ数を決定する際には、「総時間」と「1枚に使う時間」を考慮することが重要です。
会社説明会の全体の時間枠や、1枚のスライドに掲載する情報の提示時間を踏まえて、適切なページ数を設定します。

まず、会社説明会全体の時間枠を確認し、プレゼンテーションや質疑応答、その他の活動に充てる時間を決定します。
その上で、スライドのページ数を決めるために、1枚のスライドに掲載する情報の提示時間を考慮します。
例えば、30分の会社説明会がある場合、プレゼンテーションに使う時間を20分とし、残りの10分を質疑応答や休憩に充てるとします。
この場合、プレゼンテーションの中で使用するスライドのページ数を、プレゼンテーション全体の時間枠と1枚に使う時間から設定します。

アニメーションを多用しない

アニメーションを多用しないことは、会社説明会資料のパワポ・スライド作成において重要なポイントです。
アニメーションは情報の理解を妨げる場合があり、過度に使用すると参加者の注意を散漫にする可能性があります。
そのため、次のような点に留意してアニメーションを控えめに使用することが重要です。

まず、必要最小限のアニメーションを選択します。
過度なアニメーションは、参加者の注意をアニメーション自体に奪われてしまい、本来の伝えたい情報がうまく伝わらなくなることがあります。
代わりに、適切なタイミングで少しのアニメーションを使用し、情報をわかりやすく提示します。

また、アニメーションは情報を補完する役割を果たすべきです。

さらに、アニメーションの使用は状況に応じて適切に調整する必要があります。
特に重要な情報を強調する際にのみアニメーションを使用し、冗長な装飾や演出は避けるようにします。

社内の雰囲気を伝える

社内の雰囲気を伝えることは、会社説明会資料のパワポ・スライド作成において重要な要素です。
参加者が会社の雰囲気や文化を想像しやすくなり、会社への興味を引きやすくなります。
そのためには、次のような方法を活用します。

まず、社内の写真やビデオを使用します。
社内の様子や社員の活動、オフィスの雰囲気などを具体的に捉えた写真やビデオを、スライドに掲載します。
これにより、参加者が会社の雰囲気や働く環境を直感的に理解しやすくなります。

また、社内の雰囲気を伝える際には、社員の声やエピソードを交えることも効果的です。
社員が実際に体験した出来事や感想、成功事例などを紹介することで、参加者が会社の文化や価値観をより深く理解しやすくなります。

さらに、社内の雰囲気を伝えるだけでなく、会社の特徴や強みを強調することも重要です。
社内の写真やビデオを通じて、会社の独自性や魅力をアピールし、参加者の興味を引きます。

学生のメモスペースがある

学生のメモスペースを設けることは、会社説明会資料のパワポ・スライド作成において重要な配慮です。
参加者が重要な情報をメモしやすい環境を提供することで、参加体験をより充実させることができます。

このためには、スライドのデザインにおいて、十分なスペースを学生がメモを取りやすいように確保します。
スライドの余白や下部に十分な空間を設けることで、参加者が自由にメモをとりやすくします。
また、フォントサイズや行間を適切に調整することで、文字が読みやすく、メモがしやすい環境を作り出します。

さらに、スライドの内容においても、キーポイントや重要な情報を明確に示し、参加者がメモを取る際に見落としやすい部分を避けるようにします。
具体的な数字や重要なフレーズは目立つように配置し、参加者が重要な情報を見逃すことなくメモをとることができるように配慮します。

会社説明会のプレゼンで意識すること

プレゼンターや司会は活躍している若手社員を選ぶ

【事例あり】会社説明会資料を作る際のポイントとは?事例付きで解説しますプレゼンや司会を務めるのは、会社の活気や未来を象徴する若手社員を選ぶことが重要です。
若手社員は参加者と同世代であり、彼らの体験や成長ストーリーは参加者に共感を呼び起こし、会社への興味を高める効果があります。
彼らの活躍を通じて、会社の魅力や雰囲気をよりリアルに伝えることができます。

イメージしやすい具体例を入れる

抽象的な概念や理論だけでなく、参加者がイメージしやすい具体的な例を用いて説明することが重要です。
具体例を通じて、参加者が会社のビジョンやミッションをより具体的に理解しやすくなります。
また、具体例は参加者の興味を引き、メッセージの記憶にも残りやすくなります。

企業のビジョン・ミッションを明確に伝える

会社のビジョンやミッションを明確に伝えることは、会社説明会でのプレゼンの中心的なポイントです。
ビジョンやミッションは企業の方向性や価値観を示すものであり、参加者が会社に共感しやすい要素です。
明確に伝えることで、参加者が会社に対する理解を深め、自身の志望動機を形成する助けになります。

ポジティブな情報だけ伝えない

会社の魅力や成功事例だけでなく、課題や失敗経験なども率直に伝えることが重要です。
ポジティブな情報だけでなく、リアルな姿を伝えることで、参加者に対して会社の信頼性や透明性を示すことができます。
また、課題や失敗から得た教訓も共有することで、参加者が会社の成長力や変革能力を評価しやすくなります。

社員の属性や福利厚生なども具体的に伝える

参加者が将来の職場環境や働くイメージを持つ上で、社員の属性や福利厚生などの具体的な情報も重要です。
給与水準、労働時間、福利厚生の内容など、参加者が実際に働く上で重要な要素を具体的に伝えることで、会社への関心を高めることができます。
また、社員の声や体験談も交えることで、参加者が会社の魅力や働く魅力をより具体的に理解しやすくなります。

【NGポイント】つまらない説明会の特徴

登壇者の印象が悪く、不安を与えてしまう

説明会の登壇者が魅力的でない場合、参加者に不安や興味喪失を与える可能性があります。
登壇者の表現力や伝え方、姿勢や態度などが重要です。
あまりにも堅苦しい態度や無表情な態度、または逆に過剰な表現や興奮気味な態度は、参加者に対して説得力や信頼感を失わせる可能性があります。

内容が「独りよがり」

説明会の内容が参加者にとって関心がないものや、企業側の自己満足的なものになっている場合、参加者の興味を引くことができず、つまらないと感じさせてしまいます。
参加者の視点やニーズを考慮し、彼らが関心を持つであろうテーマや情報を選定することが重要です。

資料を読み上げるだけになっている

資料を読み上げるだけで、登壇者が独自の視点や情熱を持って説明を加えない場合、説明会は単なる情報提供に過ぎず、参加者にとってはつまらないものになります。
登壇者が資料を補完し、個別の視点や補足情報を加えることで、説明会の興味深さや価値を高めることができます。

まとめ

【事例あり】会社説明会資料を作る際のポイントとは?事例付きで解説します以上が、会社説明会での資料を作成する際のポイントになります。
いかがでしたでしょうか。
これらのポイントを考慮して、会社説明会を企画・実施することで、就活生のニーズに適切に応えることができます。

そして、名古屋駅周辺で会社説明会の場所をお探しでしたら、ぜひ「貸し会議室KUWAYAMA」をご利用ください。
おすすめの会社説明会会場はコチラをクリック | 「貸し会議室KUWAYAMA」

みなさまからのご予約をお待ちしております。

この記事をシェアする>>

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

関連記事

キックオフミーティングとは?目的や注意点・開催場所など詳しく解説

2024.05.22

キックオフミーティングとは?目的や注意点・開催場所など詳しく解説

ブレインストーミングとは?正しいやり方や4つのルールを詳しく解説

2024.05.14

ブレインストーミングとは?正しいやり方や4つのルールを詳しく解説

【例文あり】会議をスムーズに進行できる司会者の特徴はコレ!プロが徹底解説

2024.04.22

【例文あり】会議をスムーズに進行できる司会者の特徴はコレ!プロが徹底解説