【例文あり】入社式の挨拶で会社側が伝えるべきことは?

News

052-589-6850052-589-6850

受付時間

平日9:00-17:30
土曜9:00-15:00 日祝休

【例文あり】入社式の挨拶で会社側が伝えるべきことは?

入社式の挨拶は、新入社員にとっても会社側にとっても重要な場面です。新入社員は、会社の理念や目標、風土などを知る機会となります。会社側は、新入社員を歓迎し、期待や激励の言葉を伝えることで、モチベーションや帰属意識を高めることができます。

しかし、どのような内容を話せばよいのか、どのような言葉遣いやトーンで話せばよいのか、悩む方も多いのではないでしょうか。この記事では、入社式の挨拶の役割や効果、伝えるべきこと、役職別の例文、エピソードの活用方法、注意点などを解説します。入社式の挨拶で印象に残るメッセージを伝えるために参考にしてください。

入社式の挨拶の役割

入社式の挨拶は、新入社員に対して以下のような役割を果たします。

  • 学生から社会人へと意識を切り替えさせる
  • 会社への帰属意識や責任感を高める
  • 仕事へのモチベーションや意欲を喚起する
  • 会社の理念や目標、風土などを理解させる
  • 会社側からの歓迎や期待を伝える

これらの役割を果たすためには、挨拶の内容や言葉遣いに工夫が必要です。次に、入社式の挨拶がもたらす効果について見ていきましょう。

入社式の挨拶がもたらす効果

入社式の挨拶は、新入社員に対して以下のような効果をもたらします。

社会人としての意識を育てる

入社式は、学生から社会人へと移行する節目となる場です。そのため、入社式の挨拶では、新入社員が自分がどんな組織に所属することになったか、どんな仕事に従事することになったかを実感させることが重要です。具体的には、

  • 会社の歴史や経営理念、ビジョンなどを紹介する
  • 会社が目指す目標や市場での立ち位置などを説明する
  • 新入社員が配属される部署や業務内容などを紹介する

などが挙げられます。これらの内容を話すことで、新入社員は自分が何のために働くか、何を成し遂げたいかを明確にすることができます。また、

  • 社会人として必要なマナーやルールなどを教える
  • 社内外で求められるスキルや資格などを紹介する

なども有効です。これらの内容を話すことで、新入社員は自分が何を身につけるべきか、何に取り組むべきかを把握することができます。

モチベーションアップに繋がる

入社式の挨拶は、新入社員の仕事へのモチベーションや意欲を高める機会となります。そのため、入社式の挨拶では、新入社員に対して以下のような内容を話すことが効果的です。

  • 新入社員を歓迎し、感謝や祝福の気持ちを伝える
  • 新入社員に期待や信頼を示し、自信や安心感を与える
  • 新入社員にチャレンジや成長の機会を提供し、やりがいや楽しさを感じさせる
  • 新入社員に目標や評価の基準を明確にし、達成感や責任感を持たせる

これらの内容を話すことで、新入社員は自分が会社に必要とされていることや、自分が会社に貢献できることを実感することができます。また、

  • 新入社員の個性や強みを認めてほめる
  • 新入社員の興味や関心に応えて話題を提供する

なども有効です。これらの内容を話すことで、新入社員は自分が会社に受け入れられていることや、自分が会社に馴染めることを感じることができます。

組織への帰属意識を高める

入社式の挨拶は、新入社員が組織への帰属意識や一体感を高める機会となります。そのため、入社式の挨拶では、新入社員に対して以下のような内容を話すことが効果的です。

  • 会社の文化や風土などを紹介する
  • 会社の仲間や先輩などを紹介する
  • 会社の活動やイベントなどを紹介する

これらの内容を話すことで、新入社員は自分がどんな組織に所属することになったか、どんな人たちと一緒に働くことになったかを知ることができます。また、

  • 会社の成功事例や失敗体験などを共有する
  • 会社の課題や改善点などを共有する

なども有効です。これらの内容を話すことで、新入社員は自分が組織の一員として責任や役割を持つことや、組織の成長に貢献できることを実感することができます。

入社式の挨拶で伝えるべきこと

前述したように、入社式の挨拶では、新入社員に対して以下のような内容を伝えるべきです。

  • 歓迎の意思
  • 社会人としての心得
  • 激励の言葉
  • 会社として大切にしていること
  • 新入社員に期待していること

それぞれ具体的に見ていきましょう。

歓迎の意思

まずは、新入社員が会社に来てくれたことに対して感謝し、歓迎する気持ちを伝えましょう。これは、新入社員に対して親しみや信頼を感じさせるだけでなく、会社側も新入社員を大切にする姿勢を示すことができます。具体的には、

  • 新入社員の名前や出身地などを呼びかける
  • 新入社員の選考過程や採用理由などを褒める
  • 新入社員の志望動機や目標などを尊重する

などが挙げられます。これらの内容を話すことで、新入社員は自分が会社に歓迎されていることや、自分が会社に合っていることを感じることができます。

社会人としての心得

次に、新入社員が社会人として必要な心得や姿勢を教えましょう。これは、新入社員に対して仕事の基本やルールを理解させるだけでなく、会社側も新入社員に対して期待や要求を示すことができます。具体的には、

  • 社会人としてのマナーやエチケットなどを教える
  • 仕事の目的や意義などを説明する
  • 仕事の質やスピードなどを求める

などが挙げられます。これらの内容を話すことで、新入社員は自分が何をすべきか、何を目指すべきかを明確にすることができます。

激励の言葉

さらに、新入社員が仕事に対してモチベーションや意欲を持つように激励する言葉をかけましょう。これは、新入社員に対して自信や安心感を与えるだけでなく、会社側も新入社員に対して支援やフォローを約束することができます。具体的には、

  • 新入社員の個性や強みなどを認めてほめる
  • 新入社員のチャレンジや成長などを期待して励ます
  • 新入社員の悩みや困難などを共感して助ける

などが挙げられます。これらの内容を話すことで、新入社員は自分が会社から信頼されていることや、自分が会社で活躍できることを感じることができます。

会社として大切にしていること

また、新入社員が会社の理念や目標、風土などを理解するように、会社として大切にしていることを伝えましょう。これは、新入社員に対して会社の方向性や価値観を共有させるだけでなく、会社側も新入社員に対して貢献や協力を求めることができます。具体的には、

  • 会社の経営理念やビジョンなどを紹介する
  • 会社の目標や戦略などを説明する
  • 会社の文化や風土などを紹介する

などが挙げられます。これらの内容を話すことで、新入社員は自分がどんな会社に所属することになったか、どんな会社に貢献することになったかを知ることができます。

新入社員に期待していること

最後に、新入社員が仕事に対して目標や評価の基準を持つように、新入社員に期待していることを伝えましょう。これは、新入社員に対して達成感や責任感を持たせるだけでなく、会社側も新入社員に対してフィードバックや報酬を与えることができます。具体的には、

  • 新入社員の業務内容や役割などを紹介する
  • 新入社員の目標や評価の基準などを明確にする
  • 新入社員の成果や貢献などを認めて報いる

などが挙げられます。これらの内容を話すことで、新入社員は自分が何を達成すべきか、何を評価されるかを明確にすることができます。

役職別の入社式の挨拶例文

以上の内容を踏まえて、役職別の入社式の挨拶例文を紹介します。以下の例文は、あくまで参考ですので、実際に話す際は、自分の言葉やトーンでアレンジしてください。

社長

「本日は、このような厳粛な場にお集まりいただき、誠にありがとうございます。私は〇〇株式会社の代表取締役社長の〇〇と申します。この度は、皆さんが当社にご入社いただきましたことを心から歓迎いたします。おめでとうございます。

皆さんは、この春から新たな一歩を踏み出しました。それは、学生から社会人へという大きな変化です。これから皆さんは、当社で様々な仕事に従事し、様々な経験を積んでいくことでしょう。その中で、皆さんは自分自身の成長だけでなく、当社やお客様、そして社会の発展にも貢献していくことになります。

当社は、〇〇年に創業しました。当初は〇〇人の従業員でしたが、今では〇〇人にまで成長しました。私たちは、〇〇業界でトップクラスのシェアを誇ります。私たちの経営理念は、「〇〇」です。私たちは、「〇〇」というビジョンを掲げています。

皆さんは、このような素晴らしい会社の一員として、今日から新たなスタートを切ります。私は、皆さんがそれぞれの個性や能力を発揮して、当社の発展に貢献してくれることを期待しています。また、皆さんが仕事を通じて多くのことを学び、成長していくことを願っています。

私たちは、皆さんの成功を応援しています。もし何か困ったことや悩んだことがあれば、遠慮なく相談してください。私自身も含めて、先輩や同僚がサポートします。一緒に頑張りましょう。

最後になりますが、皆さんにお願いしたいことがあります。それは、「〇〇」です。これは、私たちが会社として大切にしていることです。皆さんもこの「〇〇」を心に刻んで、日々の仕事に取り組んでください。

それでは、本日はこれで終わります。改めて、皆さんのご入社を心より歓迎いたします。ありがとうございました。」

上司

「こんにちは。私は〇〇部門の部長の〇〇と申します。本日から皆さんが当部門に配属されましたことを嬉しく思います。ようこそ、〇〇部門へ。

皆さんは、これから〇〇という仕事に携わっていきます。この仕事は、〇〇という目的を持ち、〇〇という意義を持っています。私たちは、〇〇という目標を達成するために、日々努力しています。

皆さんは、この仕事に対してどのような思いを持っていますか?私は、皆さんがこの仕事に対して興味や関心を持ち、やりがいや楽しさを感じてくれることを望んでいます。また、皆さんがこの仕事に対してチャレンジや成長の機会を見つけてくれることを期待しています。

私は、皆さんの上司として、皆さんの仕事のサポートや評価を行います。私は、皆さんの個性や強みを尊重し、皆さんの能力を最大限に引き出すことを目指します。もし何か不明な点や困難な点があれば、気軽に相談してください。私だけでなく、先輩や同僚も協力します。一緒に問題を解決しましょう。

私にお願いしたいことがあります。それは、「〇〇」です。これは、私たちが部門として大切にしていることです。皆さんもこの「〇〇」を心に留めて、日々の仕事に取り組んでください。

それでは、本日からよろしくお願いします。皆さんの活躍を楽しみにしています。ありがとうございました。」

先輩

「こんにちは。私は〇〇部門の〇〇課の〇〇と申します。本日から皆さんが当課に配属されましたことを心から歓迎します。よろしくお願いします。

皆さんは、これから私と同じ〇〇という仕事に携わっていきます。この仕事は、〇〇という内容で、〇〇というスキルや知識が必要です。私も入社したばかりの頃は、この仕事について全く分からなくて、苦労しました。

でも、先輩や同僚の助けや教えがあって、少しずつできるようになりました。今では、この仕事が大好きで、毎日楽しくやっています。皆さんも最初は難しいかもしれませんが、諦めずに頑張ってください。私もできる限りサポートします。

私にお願いしたいことがあります。それは、「〇〇」です。これは、私たちが課として大切にしていることです。皆さんもこの「〇〇」を忘れずに、日々の仕事に取り組んでください。

それでは、本日からよろしくお願いします。皆さんの仲間として一緒に働けることを嬉しく思います。ありがとうございました。」

入社式の挨拶で伝えるエピソード

入社式の挨拶では、新入社員に対して単に事実や理論を話すだけではなく、エピソードを交えて話すことが効果的です。エピソードとは、自分や他の人の体験や感想などを具体的に話すことです。エピソードを話すことで、以下のようなメリットがあります。

  • 新入社員の興味や関心を引く
  • 新入社員の感情や共感を呼び起こす
  • 新入社員の記憶や理解を深める

エピソードを話す際には、以下のようなポイントに注意しましょう。

  • 入社式の挨拶で伝えたいメッセージに沿ったエピソードを選ぶ
  • エピソードの内容や登場人物を具体的に描写する
  • エピソードの結論や教訓を明確に伝える

それでは、入社式の挨拶で伝えるエピソードの例を紹介します。以下の例は、あくまで参考ですので、実際に話す際は、自分の経験や知識でアレンジしてください。

経営理念や風土

「私は、当社に入社してから〇〇年になります。私が当社に入社した理由は、当社の経営理念に共感したからです。当社の経営理念は、「〇〇」です。私は、この経営理念が表す「〇〇」という価値観に強く惹かれました。

実際に、当社ではこの経営理念が徹底されています。例えば、〇〇というプロジェクトでは、私たちは「〇〇」という課題に直面しました。その時、私たちは「〇〇」というアイデアを思いつきました。しかし、このアイデアは非常にリスクが高く、失敗すれば大きな損失を被る可能性がありました。

私たちは、このアイデアを実行するかどうか迷いました。そこで、私たちは上司に相談しました。上司は、「〇〇」という言葉をかけてくれました。これは、当社の経営理念に基づいた言葉でした。私たちは、上司の言葉に勇気づけられて、このアイデアを実行することを決めました。

結果的に、このアイデアは大成功しました。私たちは、「〇〇」という成果を出すことができました。これは、当社の経営理念が私たちの行動や判断に影響したことの証明です。私は、この経験から、「〇〇」という経営理念の素晴らしさや重要さを実感しました。

皆さんも、当社の経営理念を心に刻んでください。それは、皆さんが仕事で成功するための指針となります。」

大切にしている思い

「私は、当社で〇〇という仕事をしています。この仕事は、〇〇というお客様のニーズに応えることができます。私は、この仕事が大好きで、毎日やりがいを感じています。

私がこの仕事に対して強く思うことは、「〇〇」です。これは、私が大切にしている思いです。私は、この思いを常に忘れずに、仕事に取り組んでいます。

実は、この思いには、私の個人的なエピソードがあります。それは、〇〇ということです。私は、〇〇という経験をしました。その時、私は「〇〇」という感情を抱きました。それから、私は「〇〇」という決意をしました。

このエピソードがあったからこそ、私は「〇〇」という思いを持つようになりました。この思いがあるからこそ、私はこの仕事に情熱を持って取り組むことができます。この思いがあるからこそ、私はお客様に満足してもらうことができます。

皆さんも、自分が大切にしている思いを見つけてください。それは、皆さんが仕事でやりがいや楽しさを感じるための原動力となります。それは、皆さんがお客様や社会に価値を提供するためのモチベーションとなります。」

社内の成功事例

「私は、当社で〇〇という仕事をしています。この仕事は、〇〇という課題に挑戦することができます。私は、この仕事に対して常にチャレンジ精神を持っています。

私がこの仕事で成功したことの一つは、「〇〇」というプロジェクトです。このプロジェクトでは、私たちは「〇〇」という目標を達成するために、「〇〇」というアイデアを提案しました。しかし、このアイデアは非常に斬新で革新的でした。そのため、実現するには多くの困難や障害がありました。

私たちは、このアイデアを実現するために、様々な努力や工夫をしました。例えば、

  • 〇〇という方法でデータや情報を収集しました
  • 〇〇というツールや技術を活用しました
  • 〇〇という人や組織と協力しました

などです。これらの努力や工夫のおかげで、私たちはこのアイデアを実現することができました。結果的に、私たちは「〇〇」という成果を出すことができました。これは、当社の歴史上でも類まれな成功事例です。

私は、このプロジェクトから多くのことを学びました。特に、

  • 〇〇というスキルや知識
  • 〇〇という姿勢や考え方
  • 〇〇という感想や反省

などです。これらの学びがあるからこそ、私は今の仕事に自信を持って取り組むことができます。

皆さんも、当社の社内の成功事例を参考にしてください。それは、皆さんが仕事で成果を出すためのヒントやノウハウとなります。それは、皆さんが仕事で成長するための教材やインスピレーションとなります。」

失敗体験

「私は、当社で〇〇という仕事をしています。この仕事は、〇〇という難題に挑戦することができます。私は、この仕事に対して常に向上心を持っています。

私がこの仕事で失敗したことの一つは、「〇〇」というプロジェクトです。このプロジェクトでは、私たちは「〇〇」という目標を達成するために、「〇〇」というアイデアを提案しました。しかし、このアイデアは非常に難易度が高く、実現するには多くの努力や時間が必要でした。

私たちは、このアイデアを実現するために、様々な試行錯誤をしました。例えば、

  • 〇〇という方法で分析や検証をしました
  • 〇〇というツールや技術を導入しました
  • 〇〇という人や組織と交渉しました

などです。これらの試行錯誤のおかげで、私たちはこのアイデアを実現することができました。しかし、結果的に、私たちは「〇〇」という失敗をしました。私たちは、「〇〇」という問題に直面しました。これは、当社の歴史上でも稀な失敗事例です。

私は、このプロジェクトから多くのことを学びました。特に、

  • 〇〇というスキルや知識
  • 〇〇という姿勢や考え方
  • 〇〇という感想や反省

などです。これらの学びがあるからこそ、私は今の仕事に改善点や課題を持って取り組むことができます。

皆さんも、当社の社内の失敗事例を参考にしてください。それは、皆さんが仕事で失敗を恐れずに挑戦するための勇気やヒントとなります。それは、皆さんが仕事で失敗から学ぶための教材やインスピレーションとなります。」

入社式の挨拶の注意点

入社式の挨拶では、新入社員に対して良い印象を与えるとともに、仕事へのモチベーションや意欲を高めることができます。しかし、そのためには、挨拶の内容や言葉遣いに注意することが必要です。以下に、入社式の挨拶の注意点を紹介します。

長くなり過ぎないように

入社式の挨拶は、新入社員に対して伝えたいことが多くなりがちです。しかし、挨拶が長くなり過ぎると、新入社員の興味や関心を失わせることになります。また、時間や場所の制約もあります。そのため、挨拶は簡潔にまとめることが重要です。具体的には、

  • 挨拶の目的やメッセージを明確にする
  • 挨拶の構成や順序を整理する
  • 挨拶の時間や文字数を制限する

などが挙げられます。これらの方法を使うことで、挨拶を効果的に伝えることができます。

起床転結を意識する

入社式の挨拶は、新入社員に対して理解や感動を与えることができます。しかし、そのためには、挨拶の内容や流れに工夫することが必要です。そのため、挨拶は起承転結を意識することが重要です。具体的には、

  • 起:挨拶の導入部分で、新入社員の注意や関心を引く
  • 承:挨拶の本題部分で、新入社員に伝えたいことを説明する
  • 転:挨拶の展開部分で、新入社員に驚きや感動を与える
  • 結:挨拶の結論部分で、新入社員に印象や行動を残す

などが挙げられます。これらの方法を使うことで、挨拶を魅力的に伝えることができます。

まとめ

以上が、入社式の挨拶で会社側が伝えるべきことについての解説です。入社式の挨拶では、

  • 入社式の挨拶の役割や効果を理解する
  • 入社式の挨拶で伝えるべきことを選ぶ
  • 役職別の入社式の挨拶例文を参考にする
  • 入社式の挨拶で伝えるエピソードを活用する
  • 入社式の挨拶の注意点を守る

などが重要です。これらのポイントを押さえて、新入社員に対して印象に残るメッセージを伝えましょう。

この記事をシェアする>>

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

この記事を書いた人

スタッフ

スタッフSTAFF

貸し会議室KUWAYAMAの受付スタッフです。 会議室の最新情報をいち早くお知らせいたします。 よろしくお願いします。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

関連記事

6月現在[予約受付期間]

2024.06.03

6月現在[予約受付期間]

[2024年]夏季休業について

2024.05.31

[2024年]夏季休業について

オンライン会議におすすめの場所はどこ?場所選びの注意点など詳しく解説

2024.05.30

オンライン会議におすすめの場所はどこ?場所選びの注意点など詳しく解説