研修を効果のあるものにするためのポイント10選

News

052-589-6850052-589-6850

受付時間

平日9:00-17:30
土曜9:00-15:00 日祝休

研修を効果のあるものにするためのポイント10選

現代のビジネス環境は急速に変化しており、組織や個人が成長し続けるためには継続的な学習が不可欠です。
その中でも、研修は新たなスキルや知識を獲得し、現場でのパフォーマンスを向上させる重要な手段です。
しかし、研修の効果を最大限に引き出すためには、注意深く計画し、実施する必要があります。
本記事では、「研修効果」を高めるための10のポイントに焦点を当てて探ってみましょう。

研修は意味がないと思われる背景とは

受講者が研修の必要性を理解していない 受講者が研修の重要性や将来のメリットを理解していない場合、研修に対するモチベーションが低下することがあります。
組織や個人にとって、なぜその研修が必要なのかを明確に伝え、関心を引くコミュニケーションが欠かせません。

現場で求められることと研修内容が合致していない

研修内容が現場でのニーズや課題と合致していない場合、受講者は研修の実用的な価値を疑い始めます。
効果的な研修を提供するためには、現場の要望を的確にヒアリングし、それに基づいてカスタマイズされた内容を提供する必要があります。

 受講者のスキルと研修内容が合致していない

研修内容が受講者のスキルや知識に合わない場合、研修は効果を発揮しにくくなります。
事前のスキルアセスメントやニーズ分析を通じて、受講者の実力に合わせたカリキュラムを構築することが重要です。
それによって、受講者は適切な難易度の研修を受けることができ、成長が促進されます。

知識のインプットのみでアウトプットの場がない

研修で学んだ知識やスキルを実際の業務に活かす場がなければ、研修の効果が限定されてしまいます。
アウトプットの機会を提供し、受講者が学んだことを実際の業務に結びつけられるようサポートすることが必要です。

 研修の目的が明確でない

研修の目的やゴールがぼんやりとしていると、受講者はどの方向に向かって学ぶべきか理解しにくくなります。
研修の前に具体的な目標を設定し、受講者にその重要性や意義を明確に伝えることが必要です。
目的を共有することで、受講者は研修に対する意欲を高めることができます。

研修は意味がないと思われないようにするには?

ここからが今回のコラムのテーマである部分です。研修を効果のあるものにするためのポイント10選
「研修効果」を高めるための10のポイントを詳しく見ていきましょう。

 研修効果を定義してから設計する

研修を効果的に実施し、受講者の成果を最大化するためには、まず研修効果を明確に定義することが重要です。
研修効果を定義することで、何を達成し、どのような変化を期待するのかが明確になります。
この定義がないと、研修の目的やゴールがぼんやりとしてしまい、受講者も何を学ぶべきか理解しづらくなる可能性があります。

研修効果を定義する際には、具体的な成果物や行動変容を考えることが重要です。
たとえば、特定のスキルを習得する、問題解決能力を向上させる、チームワークを強化するなど、具体的な目標を設定することで、研修の方向性を明確に示すことができます。

研修効果を定義したら、次にそれに基づいて研修の設計を行います。
効果を最大化するためには、研修の内容や方法を研修効果に合わせて慎重に選定する必要があります。
研修の内容は、受講者が目標達成に向けて必要な知識やスキルを習得できるように配慮されるべきです。

また、研修の方法も研修効果に合わせて選定することが大切です。
例えば、特定のスキルを磨く場合は実践的な演習やロールプレイを取り入れ、チームワークを強化する場合はグループワークやディスカッションを活用するなど、研修の目的に応じたアプローチを選ぶことが効果を高めるポイントです。

研修効果を定義してから設計するアプローチは、研修の成果を明確に可視化し、組織や個人の成長に直結させる手段と言えます。
このプロセスを丁寧に実施することで、研修が受講者にとって意義のある学びとなり、組織の目標達成に貢献することができるでしょう。
研修効果の定義と設計は、研修プログラムの基盤となる重要なステップであり、計画的な取り組みが求められることを忘れてはなりません。

 研修を安心安全の場にする

研修を成功させるためには、受講者が安心して学べる環境を整えることが不可欠です。
研修を安心安全の場にすることは、受講者の学習意欲を高め、積極的な参加を促す大切な要素です。

まず、研修会場の環境を快適かつ安全に整備することが重要です。
会場の選定は、受講者がアクセスしやすく、学習に集中できる場所を選ぶことが求められます。
また、設備や機材の点検や事前のトラブル予防対策を行うことで、研修中の問題や障害を最小限に抑えることができます。

研修を安心の場にするためには、講師やスタッフとのコミュニケーションも大切です。
受講者が疑問や不安を持った際に、質問や相談がしやすい環境を提供することで、受講者は遠慮せずに学びの疑問を解消できるでしょう。
また、講師との信頼関係を築くことで、受講者は自分の意見や考えを自由に発言しやすくなり、より深い学びが可能となります。

安全面においても、万全の対策を講じることが重要です。
研修中に起こりうる事故やトラブルに対する対応策を策定し、受講者の安全を確保するための体制を整えることが求められます。
緊急時の連絡先や避難経路などの情報を提供し、万が一の際にも冷静に対処できるよう準備を行うことが大切です。

さらに、受講者同士の交流を促進する活動や場を設けることも、研修を安心安全の場にするための一環です。
受講者同士が気軽にコミュニケーションを取る機会を提供することで、友情や信頼が築かれ、学びの体験がより豊かなものとなるでしょう。

研修を安心安全の場にすることは、受講者の学習体験を向上させ、研修の効果を最大化するために欠かせない要素です。
受講者の信頼を得るためには、綿密な準備と配慮が必要です。
研修を快適で安全な場にすることで、受講者は自信を持って学び、成果を上げることができるでしょう。
結果的に、組織や個人の成長に寄与する研修プログラムを実現するために、研修の安心安全の確保は不可欠なステップと言えるでしょう。

現場と目的・ゴールをすり合わせる

研修を実施する際に、現場のニーズや目的・ゴールと照らし合わせることは、研修の成果を最大限に引き出すために欠かせない重要なステップです。
現場との調和を図ることで、受講者が実践的なスキルや知識を習得し、組織の課題解決や目標達成に貢献できる研修プログラムを構築することができます。

まず、現場のニーズを徹底的に分析することが大切です。
現場の課題やニーズを把握し、それに対する適切な対策や改善策を研修の内容に反映させることで、受講者は即座に実務に活かせるスキルを身につけることができます。
現場の実際の課題を取り入れることで、受講者の学習意欲が高まり、学んだ知識やスキルが現実の業務に活かしやすくなるでしょう。

次に、研修の目的・ゴールと現場の目的・ゴールを結びつけることが重要です。
研修の目的やゴールは、受講者が研修を通じて何を達成するかを示すものですが、これを現場の目的やゴールと関連づけることで、学習の方向性を明確にし、学んだ内容を組織の成果に繋げることができます。
例えば、現場で求められるリーダーシップ力を育成するための研修では、具体的なリーダーシップスキルを学ぶだけでなく、現場のニーズに即したケーススタディやシミュレーションを取り入れることで、受講者が実践的なスキルを習得することができます。

さらに、研修の設計段階から現場との連携を図ることも重要です。
現場の関係者やリーダーシップチームとコミュニケーションを取りながら、研修内容や進行方法を共有し、フィードバックを受けることで、現場の視点を取り入れたカスタマイズされた研修プログラムを作成することができます。
現場の関係者との密な連携は、研修の成果を最大限に引き出すために不可欠であり、受講者の学習体験がより意義深いものとなるでしょう。

現場と目的・ゴールをすり合わせることは、研修プログラムの効果を高め、受講者が学んだ内容を現実の業務に活かせるようにするために重要な一環です。
現場のニーズを踏まえた研修プログラムは、受講者のモチベーションを高め、組織全体の成果に貢献する力を育むことができるでしょう。

 研修前に目的を理解してもらう

研修を効果的に実施するためには、受講者が研修の目的と意義を理解し、参加意欲を高めることが重要です。
研修前に目的を明確に伝えることは、受講者の学習体験を向上させ、研修の成果を最大化する手段となります。

受講者に研修の目的を理解してもらうためには、まず事前に情報提供を行うことが大切です。
研修の内容やテーマ、学びの対象となるスキルや知識について、分かりやすく説明することで、受講者はなぜその研修を受ける必要があるのかを理解しやすくなります。
具体的な例や事例を交えて説明することで、受講者が研修の実際の価値をイメージしやすくなるでしょう。

また、受講者に研修の目的を理解してもらうためには、関連する背景や現状の課題を伝えることも有効です。
研修がなぜ必要なのか、どのような課題や問題が存在しているのかを具体的に示すことで、受講者は自身の学習の意義を実感しやすくなります。
また、組織のビジョンや目標と研修の関連性を説明することで、受講者は研修が組織全体の成果にどのように貢献するかを理解することができるでしょう。

さらに、研修前に目的を理解してもらうためには、受講者の期待や要望を聞く場を設けることも大切です。
受講者が自分自身の学びたいことや成長したい点を共有し、それに対する期待値を明確にすることで、研修のカスタマイズやカリキュラムの調整が可能となります。受講者の個々のニーズに対応することで、研修の満足度が高まり、受講者の学習意欲も向上するでしょう。

研修前に目的を理解してもらうことは、研修の成功を左右する重要な要素です。
受講者が研修の目的や意義を理解し、自身の成長や組織への貢献を実感できる環境を整えることで、受講者は主体的に学び、学んだ知識やスキルを実践に活かすことができるでしょう。
結果的に、研修前の目的の明確化は、研修プログラム全体の質を向上させ、受講者の成果を最大限に引き出すために欠かせないステップと言えるでしょう。

研修の内容をOJTに取り込む

研修を効果のあるものにするためのポイント10選研修を効果的に活用し、受講者の成果を長期的かつ実践的な形で発揮させるためには、研修で得た知識やスキルを職場で実際に活用できるようにすることが重要です。
このために、研修の内容をOJT(On-the-Job Training)に取り込むアプローチが効果的です。

研修の内容をOJTに取り込む際には、まず受講者の職場での実際の業務に照らし合わせて、どのようなスキルや知識が必要とされるかを明確にします。
研修で学んだ内容を、具体的な業務シーンにどのように適用できるかを考えることで、受講者は学んだことを実践に繋げやすくなります。

さらに、研修の内容をOJTに取り込むためには、実際の業務現場でのサポートや指導が重要です。
上司や先輩が受講者に対して研修で得たスキルや知識を実践に活かす方法を具体的に示し、フィードバックを行うことで、受講者はより確実に学んだことを実務で活用できるようになります。
また、受講者自身が疑問や課題を持った際に、適切なタイミングで指導を受ける仕組みを整えることも大切です。

さらに、研修の内容をOJTに取り込むためには、受講者に挑戦的なタスクやプロジェクトを与えることも有効です。
新たなスキルや知識を活用する機会を提供することで、受講者は自信を持って学んだことを実践に適用し、成果を上げることができるでしょう。
また、実際の業務での成功体験を通じて、学んだ内容の価値や意義を実感し、モチベーションを維持することも可能となります。

研修の内容をOJTに取り込むアプローチは、研修の学びを実践に結びつけるための効果的な手段です。
受講者が学んだ知識やスキルを自分の業務で活用し、成果を上げることができるようにすることで、研修の効果を最大限に引き出すことができるでしょう。
組織全体のパフォーマンス向上や個々の成長を促進するためには、研修の内容をOJTに取り込む取り組みが不可欠です。

スキルの習得だけでなく価値観の変容も促す

研修の目的は、単に特定のスキルや知識を習得させることだけではありません。
研修を通じて受講者の価値観や考え方が変わり、より広い視野で物事を捉える力を養うことも重要な要素です。
スキルの習得だけでなく、価値観の変容を促すアプローチは、受講者の成長を総合的かつ深化させるために不可欠です。

研修を通じて価値観の変容を促すためには、まず受講者が自分自身の考えや信念を振り返る機会を提供することが重要です。
ディスカッションやグループワークを通じて、受講者同士が意見交換を行い、自分の価値観に対する理解を深めることができます。
また、専門家や講師からの洞察を通じて、異なる視点やアプローチを知ることで、受講者は自身の価値観に新たな視座を持つことができるでしょう。

さらに、研修内容自体に価値観の変容を促す要素を取り入れることも有効です。
実践的なケーススタディやシミュレーションを通じて、受講者が現実の課題や倫理的なジレンマに向き合う機会を提供することで、受講者は自分の価値観を見つめ直すことができます。
また、リーダーシップやコミュニケーションスキルのトレーニングを通じて、他者との関わり方やチームワークの重要性を理解し、価値観の変容を促進することも可能です。

価値観の変容を促すアプローチは、受講者がより深い自己認識を得るとともに、多様な状況に適応し、柔軟な考え方を身につけるための基盤となります。
研修を通じて価値観の変容を促すことで、受講者はリーダーシップや意思決定などの重要なスキルをより効果的に活用し、組織や社会に対する貢献度を高めることができるでしょう。
価値観の変容を促す研修は、単なる知識の伝達を超えて、受講者の人間性の成長と発展を支援するために欠かせないアプローチと言えるでしょう。

できていないことを洗い出してもらう

研修の効果を最大限に引き出すためには、受講者自身が自分の課題や成長の余地を認識し、改善の方向性を見つけることが大切です。
そのためには、研修の中で自身ができていないことを洗い出すことが重要なステップとなります。
自己評価や自己分析を通じて、受講者は自身の弱点や課題に対する意識を高め、継続的な成長への道筋を見つけることができるでしょう。

研修の中で自身ができていないことを洗い出す際には、まずは客観的なフィードバックを受ける機会を設けることが大切です。
同僚や上司、講師からのアドバイスや意見を受けることで、自身のスキルやパフォーマンスに対する客観的な評価を得ることができます。
このフィードバックを通じて、自分では気づかなかった課題や改善の余地を発見することができるでしょう。

また、自己評価を行うことも重要です。
研修の成果や学んだ内容を振り返り、自分自身に対して率直な評価を行うことで、できていないことを特定することができます。
自己評価を行う際には、ポジティブな面だけでなく、課題や不足も含めて客観的に評価することが大切です。
この評価をもとに、自分がどの分野で成長の必要があるかを明確にすることができます。

さらに、目標設定や振り返りのプロセスを導入することもできます。
研修の期間中や終了後に、自身の目標や課題を明確にし、定期的に振り返りを行うことで、進捗や改善の具体的な成果を確認することができます。
このプロセスを通じて、自分の成長や改善の軌跡を可視化し、継続的な努力を続ける動機づけにも繋げることができるでしょう。

研修の中で自身ができていないことを洗い出すことは、成長意欲を高め、自己啓発の道を拓くための重要なステップです。
受講者が自分自身の課題や改善点に向き合い、それを克服するための具体的なアクションプランを立てることで、研修の成果をより実践的かつ持続的に活かすことができるでしょう。

 座学だけでない研修方法を取り入れる

研修を効果のあるものにするためのポイント10選研修の効果を向上させるためには、従来の座学だけでなく、多様な研修方法を組み合わせて活用することが重要です。
座学は情報の受け渡しや基本的な理解を得るための手段ではありますが、より深い学習や実践的なスキル習得を促すために、対話型や体験型の研修方法を取り入れることが求められます。

一つの方法として、グループディスカッションやワークショップを活用することが挙げられます。
受講者同士がアイディアや意見を交換し、活発な議論を行うことで、単なる知識の受け渡しを超えて深い理解を促進することができます。
また、チームでの課題解決やグループプロジェクトを通じて、受講者が実際の業務に即したスキルや知識を実践的に身につける機会を提供することも有効です。

体験学習も研修効果を高める方法の一つです。
ロールプレイやシミュレーションを通じて、受講者が現実の状況を模倣し、実践的なスキルや判断力を養うことができます。
実際のシナリオに基づいた状況設定や演習を通じて、受講者がリアルな問題に取り組む体験をすることで、学習の定着度が高まります。

また、実地訪問やフィールドワークを組み込むことも価値のあるアプローチです。
受講者が現場を訪れて実際の業務状況を観察し、関係者とのインタビューや調査を通じて実際の課題やニーズを把握することで、理論だけでなく実践的な視点を養うことができます。

座学だけでない研修方法の導入は、受講者の参加度や学習の深化を促進するための重要な一手段です。
異なる方法を組み合わせることで、受講者は多角的な視点から学び、実践的なスキルや洞察力を養うことができます。
研修の成果を長期的に活用するためには、受講者が身につけた知識やスキルを実際の業務に活かす力を養うことが不可欠です。
そのためにも、座学だけでない多様な研修方法を取り入れることは、研修の質と効果を向上させるために欠かせないアプローチと言えるでしょう。

 研修後のフォローを行う

研修の最終日を迎えた後も、受講者の成長を継続的にサポートし、学んだ知識やスキルを実践に移すためには、研修後のフォローアップが重要です。
研修後のフォローは、受講者の学習の定着度を高め、組織の成果に結びつけるための鍵となる取り組みです。

研修後のフォローアップの一つの方法は、定期的なフォローアップセッションを実施することです。
研修終了後の1週間や1カ月ごとに、受講者と講師や専門家が集まり、学んだことの復習や実務での適用状況を共有します。
このセッションを通じて、受講者が疑問や課題を解決し、学んだ知識やスキルを効果的に活用するためのサポートを受けることができます。

さらに、研修後のフォローアップでは、受講者個々のニーズや課題に合わせた個別指導を行うことも有効です。
受講者が特定の分野で課題を抱えている場合、専門家やコーチとの個別セッションを設けることで、受講者の成長をより具体的にサポートすることができます。
個別指導によって、受講者は自身の課題に対する解決策を見つけ、継続的な成長を遂げることができるでしょう。

また、研修後のフォローアップは、コミュニケーションツールやプラットフォームを活用して行うこともできます。
オンラインフォーラムやチャットグループを通じて、受講者同士が情報交換やアイディア共有を行い、学んだことを実践的に活用する方法を共有することができます。
これにより、受講者同士のコミュニティが形成され、継続的な学習意欲を促進することができるでしょう。

研修後のフォローアップは、研修の成果を定着させ、学んだ知識やスキルを実践に移すための重要なステップです。
受講者が研修で得た成果を継続的に活用し、組織や個人の成長に寄与するためには、研修後のフォローアップを計画的かつ継続的に行うことが不可欠です。
組織が受講者の学習過程をサポートし、受講者自身が成長を実感できるようなフォローアップ体制を整えることで、研修の効果を最大限に引き出すことが可能となるでしょう。

研修後にアンケートを実施し、次に活かす

研修の最終日を迎えた後、受講者のフィードバックを収集するためにアンケートを実施することは、研修の効果を評価し次のステップに活かすために極めて重要な一環です。
アンケートを通じて受講者の意見や感想を集めることで、研修の満足度や改善点を把握し、将来の研修プログラムの質を向上させるための示唆を得ることができます。

研修後のアンケートは、受講者が研修内容や講師の質、プログラムの運営などについて率直な意見を提供する場です。
質問項目は研修の目的やゴール、内容の充実度、実践的な活用方法などをカバーするように設定されます。
また、アンケートにはオープンエンドの質問も組み込むことで、受講者が自由な発言を行うことができ、より詳細なフィードバックを収集することができます。

アンケートの結果を次に活かすためには、しっかりとデータ分析を行うことが必要です。
受講者の意見や評価を集計し、共通の傾向やパターンを把握することで、研修の強みや課題を把握することができます。
また、アンケート結果をもとに、研修プログラムの改善やカスタマイズを検討することができます。
受講者からの貴重な意見を受け入れ、次回の研修計画に反映させることで、受講者満足度の向上や研修の効果の最大化を図ることができます。

さらに、アンケート結果を組織内で共有し、関係者との議論や意見交換を行うことも有効です。
受講者の声をもとに、研修の方向性や内容を検討し、組織全体の学習体験を向上させるための取り組みを行うことができます。
また、アンケート結果を受講者にフィードバックすることで、受講者の声が受け入れられたことを示し、受講者の関与度や満足度を高めることも可能です。

研修後のアンケートは、研修プログラムの質を向上させるための重要な手段です。
受講者の意見を尊重し、その声を受け入れることで、研修の効果を最大化し、組織と受講者の双方にとって価値ある学習体験を提供することができます。
研修後のアンケートを通じて得られる洞察を活かし、持続的な研修プログラムの改善を推進することで、受講者の成長と組織の発展に貢献することができるでしょう。

 研修の準備

研修目的の明確化と研修対象者の決定

研修を効果のあるものにするためのポイント10選研修の成功は、その根幹にある研修目的の明確化と受講者の特性への適切な対応にかかっています。
まず、組織の目標や課題を考慮し、具体的な研修目的を明確に定義する必要があります。
目標が明確でない場合、研修の効果もぼんやりとしたものになりがちです。
また、研修対象者を特定し、そのニーズやスキルレベルを把握することも大切です。
受講者の背景や要望に合わせてカスタマイズされたプログラムを準備することで、受講者の興味を引きつけ、学びの満足度を高めることができます。

研修日程の調整

研修の成功には、適切な日程の選定と調整が不可欠です。
研修日程を選ぶ際には、受講者のスケジュールや組織の要件を考慮し、最適なタイミングを見つけることが重要です。
研修の日程調整には、多くの要因を考慮しながら柔軟な対応を行うことが求められます。

研修日程の調整は、受講者のスケジュールとの調整を行うだけでなく、複数の関係者や部署との調整も必要となることがあります。
組織全体のスケジュールや重要なイベントとの兼ね合いを考え、研修の実施可能な期間を特定することが大切です。
また、季節や業務のピークなどの要因も考慮し、できるだけ多くの受講者が参加しやすいタイミングを見つけることが求められます。

 研修内容を企画

研修内容の企画は、受講者の学びの質を左右する重要なステップです。
目的に合わせたテーマやモジュールを選定し、実践的な演習や事例研究を組み込むことで、受講者は理論だけでなく実際のスキルを習得することができます。
また、インタラクティブな要素やグループワークを取り入れることで、受講者同士の学び合いやアイディア交換が促進され、より深い学習が可能となります。

 講師の検討と依頼

研修の講師選定は、研修の質と受講者の学びに直結する重要な決定です。
講師は専門的な知識や豊富な経験を持っており、受講者に価値ある情報を提供する役割を果たします。
講師選びは慎重に行い、研修のテーマやスタイルに合った人材を選定しましょう。
また、講師には研修の目的や受講者のニーズを適切に伝え、効果的な指導を依頼することが大切です。

 研修会場の決定と予約

研修会場の選定は、受講者のアクセスや学習環境に影響を与える重要な要素です。
会場は広さや設備、アクセスの便などを考慮して選ぶ必要があります。
受講者が快適な環境で学べることは、学習効果の向上に繋がるため、慎重な選定と早めの予約が必要です。

 受講者へ案内

研修の成功には、受講者への事前の情報提供が欠かせません。
研修の詳細やスケジュール、会場情報などを事前に受講者に提供することで、受講者は準備を整えて研修に臨むことができます。
わかりやすい案内文やスケジュール表を用意し、受講者の不安を軽減する工夫を行いましょう。

ツール等の作成とテキストの用意

研修で使用する教材やツールの準備は、受講者の理解を深めるために不可欠です。
プレゼンテーション資料やテキストは、分かりやすく構成され、受講者が内容を追いやすいように工夫することが大切です。
また、視覚的なツールや演示資料を活用することで、受講者の興味を引きつける効果が期待できます。

使用機材や備品の手配

研修で使用する機材や備品の準備は、スムーズな研修実施のために欠かせません。
プロジェクターや画面、音響機材などが適切に準備されていることを確認し、技術的なトラブルを未然に防ぐためのチェックが必要です。
また、参加者全員が快適に学べるように、必要な備品や資材の用意も忘れずに行いましょう。

 まとめ

研修の準備は、研修全体の質を左右する重要なフェーズです。
研修の目的や内容、講師の選定から会場の予約、受講者への案内まで、計画的な取り組みが研修の成功に繋がります。
研修の準備を丁寧に行い、受講者が学びを有意義に受け取る環境を整えることで、研修の効果を最大限に引き出すことができるでしょう。

この記事をシェアする>>

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

この記事を書いた人

スタッフ

スタッフSTAFF

貸し会議室KUWAYAMAの受付スタッフです。 会議室の最新情報をいち早くお知らせいたします。 よろしくお願いします。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

関連記事

会議費と交際費の違いって?区分のポイントを詳しく解説

2023.11.30

会議費と交際費の違いって?区分のポイントを詳しく解説

貸し会議室の料金相場や選ぶ際に確認すべきポイントを詳しく解説

2023.11.21

貸し会議室の料金相場や選ぶ際に確認すべきポイントを詳しく解説

会議は事前準備が8割!?意味のある会議にするために必要な準備

2023.11.16

会議は事前準備が8割!?意味のある会議にするために必要な準備