ブレインストーミングとは?正しいやり方や4つのルールを詳しく解説

News

052-589-6850052-589-6850

受付時間

平日9:00-17:30
土曜9:00-15:00 日祝休

ブレインストーミングとは?正しいやり方や4つのルールを詳しく解説

ブレインストーミングとは?正しいやり方や4つのルールを詳しく解説ブレインストーミングとは、チームメンバーが自由に意見を出し合い、新しいアイデアや解決策を生み出すための手法です。
ビジネスの現場から学校のプロジェクトまで、さまざまな場面で活用されています。
しかし、効果的なブレインストーミングを行うためには、いくつかのルールや方法を理解しておくことが重要です。
本記事では、ブレインストーミングの基本やその目的、メリット、そして成功させるための4つのルールについて詳しく解説します。

ブレインストーミングとは

ブレインストーミングは、アレックス・F・オズボーンによって1940年代に考案されたアイデア創出の手法です。
この手法は、特定の課題に対して自由に意見を出し合うことで、革新的な解決策や新しい発想を生み出すことを目的としています。
参加者は、アイデアの質や現実性にこだわらず、自由に発言することが奨励されます。

ブレインストーミングの目的

ブレインストーミングの主な目的は、以下のように多岐にわたります

  • 新しいアイデアの創出
  • 問題解決のための多角的な視点の提供
  • チームのコミュニケーション向上
  • クリエイティブな思考の促進

ブレインストーミングのメリット

①さまざまな考えが生まれる

ブレインストーミングの最大の魅力は、多様な背景や視点を持つメンバーが集まることで、普段の業務や日常生活では思いつかないような斬新なアイデアが生まれる点です。
異なる専門知識や経験を持つ人々が集まると、それぞれの視点から問題を捉え、様々な角度から解決策を考えることができます。
例えば、マーケティングの専門家、エンジニア、デザイナーが一つの問題に取り組むと、通常では見逃してしまうようなユニークなアプローチや斬新なアイデアが生まれる可能性が高まります。
このように、異なる視点の融合は、ブレインストーミングの大きな強みであり、画期的な解決策を生み出す原動力となります。

②革新的なアイデアを生み出す

ブレインストーミングは、既存の枠にとらわれない自由な発想を奨励する場です。
自由な発想を促すことで、従来の方法や考え方では思いつかないような革新的なアイデアが生まれる可能性が高まります。
アイデア出しの段階では、どんな意見も尊重され、批判されることなく受け入れられるため、参加者は恐れずに自分の考えを表現することができます。
これにより、斬新で大胆な発想が次々と飛び出し、現状を打破するようなアイデアが生まれやすくなります。
このような革新的なアイデアは、企業の成長や新製品の開発、組織の問題解決において非常に重要な役割を果たします。

③短時間で多数のアイデアが集められる

ブレインストーミングのもう一つの大きな利点は、短時間で多くのアイデアを集めることができる点です。
通常の会議では、意見交換や議論に時間がかかることが多いですが、ブレインストーミングでは短い時間内に多くの意見を出し合うことを目的としています。
これにより、限られた時間内で効率的に多数のアイデアを収集することができます。
例えば、30分のブレインストーミングセッションで数十個ものアイデアが出ることも珍しくありません。
このようにして集められた多くのアイデアは、問題解決のための多様な選択肢を提供し、その中から最適な解決策を選び出すことができます。

④信頼感が生まれる

ブレインストーミングは、参加者が互いの意見を尊重し合い、批判せずに受け入れることで、チーム内の信頼感を高める効果があります。
意見を自由に出し合うことで、メンバー間のコミュニケーションが活性化し、相互理解が深まります。
参加者が自分の意見を自由に表現できる環境は、心理的安全性を高め、チームメンバーが安心して自分の考えを共有できるようになります。
これにより、チーム内の信頼感が増し、メンバー同士の協力関係が強化されます。
信頼感が高まることで、今後のプロジェクトや業務においても円滑なコミュニケーションが期待でき、より強固なチームワークが築かれます。

⑤チームの結束力を高める

ブレインストーミングとは?正しいやり方や4つのルールを詳しく解説ブレインストーミングは、チームの結束力を強化する絶好の機会です。
共同作業を通じて、メンバーは互いに協力し合い、共通の目標に向かって努力します。
このプロセスを通じて、メンバー間の信頼感や絆が深まり、チーム全体の結束力が強化されます。
ブレインストーミングのセッションでは、全員が平等に意見を出し合うため、チーム内の上下関係や役割分担にとらわれず、自由にコミュニケーションを取ることができます。
これにより、チームメンバーが一体となって問題解決に取り組む姿勢が醸成され、より強固なチームワークが形成されます。

⑥各々のスキルアップが図れる

ブレインストーミングに参加することで、各メンバーは他の参加者の視点や考え方を学ぶことができ、自分自身のスキルや視野を広げることができます。
異なるバックグラウンドや専門知識を持つメンバーとの意見交換は、新たな知識や発想を得る貴重な機会となります。
また、他のメンバーのアイデアを聞くことで、自分自身の発想力や創造力が刺激され、向上します。
さらに、ブレインストーミングの経験を通じて、効果的なコミュニケーションスキルやチームワークのスキルも磨かれます。
このように、ブレインストーミングは個々のメンバーの成長にも寄与する非常に有益な活動です。

ブレインストーミングの4つのルール(原則)

ブレインストーミングを成功させるためには、いくつかの重要なルールがあります。
以下の4つのルールを守ることで、効果的なブレインストーミングが実現できます。

①他の意見やアイデアを否定しない

ブレインストーミングでは、他のメンバーの意見やアイデアを否定しないことが重要です。
否定されることを恐れずに意見を出せる環境を作ることで、自由な発想が促進されます。

②質より量を意識する

最初は質よりも量を意識して、多くのアイデアを出すことが重要です。
多くのアイデアの中から優れたものを選び出すことで、より効果的な解決策が見つかります。

③自由に発言できるようにすること

参加者が自由に発言できるようにするためには、リラックスした雰囲気を作ることが大切です。
形式にとらわれず、自由な発言を奨励しましょう。

④アイデアをまとめる

出されたアイデアを整理し、まとめることで、次のステップに進むための具体的なプランを立てやすくなります。
ホワイトボードや付箋を活用して、視覚的に整理すると効果的です。

ブレインストーミングの9つの手法

ブレインストーミングには多くの手法があり、それぞれの方法が異なる目的や状況に適しています。
以下に代表的な9つの手法を紹介します。

ランダムワードブレインストーミング

ランダムワードブレインストーミングは、ランダムな単語を使用してアイデアを引き出す手法です。
この方法では、問題解決の対象とは無関係な単語をリストアップし、その単語から連想されるアイデアを考え出します。
例えば、「テーブル」、「星」、「音楽」などの単語を選び、それぞれの単語から思い浮かぶ関連アイデアを自由に発想します。
これにより、通常の考え方の枠を超えた斬新なアイデアが生まれることがあります。
ランダムな単語を利用することで、思考の固定観念を打破し、創造力を刺激する効果があります。
この手法は特に、既存のアイデアや解決策が行き詰まったときに新しい視点を提供するのに有効です。

リバースブレインストーミング

リバースブレインストーミングは、通常のブレインストーミングとは逆に、問題を悪化させる方法を考える手法です。
具体的には、「どうすればこの問題をさらに悪化させられるか?」という問いを立て、それに対するアイデアを出します。
例えば、顧客満足度を低下させる方法を考える場合、「サービスを遅延させる」、「対応を冷たくする」などのアイデアが出るかもしれません。
これらの逆の解決策を見つけることで、問題解決の新たな視点を得ることができます。
リバースブレインストーミングは、問題の根本原因を明確にし、それに対する斬新な解決策を見つけるための効果的な手法です。
また、逆転の発想を通じて、従来の方法では見つけられなかった新しいアプローチを発見することができます。

マインドマップ

マインドマップは、中心となるテーマを紙の中央に書き、そこから関連するアイデアや情報を枝分かれさせていく手法です。
この手法は、ビジュアル的に情報を整理することで、思考を広げやすくし、関連性のあるアイデアを見つけやすくします。
例えば、新製品のアイデアを考える場合、中央に「新製品」と書き、その周囲に「機能」、「デザイン」、「市場」、「価格」などのキーワードを配置します。
それぞれのキーワードからさらに詳細なアイデアを派生させていくことで、全体像を把握しながら多角的にアイデアを出すことができます。
マインドマップは視覚的に思考を整理し、記憶力や創造力を向上させる効果があります。
また、情報の関連性を視覚的に示すことで、複雑な問題を分かりやすく整理するのに役立ちます。

SCAMPER法

SCAMPER法は、既存の製品やサービスを改善するための手法です。
SCAMPERは、Substitute(置き換え)、Combine(組み合わせ)、Adapt(適応)、Modify(変更)、Put to another use(他の用途に利用)、Eliminate(削除)、Reverse(逆転)の頭文字を取ったもので、これらの視点から新しいアイデアを考えます。
例えば、既存の製品に対して「何かを置き換えることで新しい価値を提供できないか?」といった問いを立てます。
この手法は、既存の製品やサービスを別の視点から見直し、改善点を見つけ出すのに非常に有効です。
SCAMPER法は、クリエイティブな問題解決のための構造化されたアプローチを提供し、革新的なアイデアを生み出すのに役立ちます。
また、各視点ごとに具体的な問いを設定することで、アイデアの幅を広げることができます。

マンダラチャート

マンダラチャートは、9つのマスにテーマと関連する要素を書き込む手法です。
中央のマスにテーマを書き、その周囲の8つのマスに関連する要素を書き込みます。
さらに、各要素に対して新たな要素を追加していくことで、アイデアを深掘りしていきます。
例えば、新しいマーケティング戦略を考える場合、中央に「マーケティング戦略」と書き、その周囲に「ターゲット市場」、「プロモーション方法」、「競合分析」などの要素を書きます。
これらの要素をさらに細分化していくことで、具体的かつ詳細な戦略を構築することができます。
マンダラチャートは、複雑な問題を視覚的に整理し、多角的に分析するのに適しています。
また、思考の幅を広げ、深掘りすることで、より具体的で実現可能なアイデアを生み出すことができます。

スターバースト

ブレインストーミングとは?正しいやり方や4つのルールを詳しく解説スターバーストは、5つのW(Who、What、Where、When、Why)と1つのH(How)に基づいて質問を投げかけ、それぞれの質問に対してアイデアを出す手法です。
問題やテーマを多角的に分析するのに役立ちます。
例えば、新製品の発売を考える場合、「Who(誰がターゲットか)」、「What(どのような製品か)」、「Where(どこで販売するか)」、「When(いつ発売するか)」、「Why(なぜ必要か)」、「How(どのように製品化するか)」といった質問を設定し、それぞれに対する答えを考えます。
この手法は、問題の全体像を把握し、詳細な計画を立てるのに非常に有効です。
スターバーストは、あらゆる角度から問題を検討することで、見落としがちな要素や新しい視点を発見するのに役立ちます。

ラピッド・アイディエーション

ラピッド・アイディエーションは、制限時間を設け、その間にできるだけ多くのアイデアを出す手法です。
制限時間内に質よりも量を重視してアイデアを出すことで、思考のブロックを取り除き、新たな視点を見つけることができます。
例えば、5分間でチーム全員が可能な限り多くのアイデアを出すという形式で行います。
この方法は、短時間で大量のアイデアを生み出し、その中から有望なものを選び出すのに適しています。
ラピッド・アイディエーションは、スピードと量を重視することで、思考の自由度を高め、クリエイティブな発想を促進します。
また、短時間で多くのアイデアを収集することで、効率的な問題解決が可能になります。

バズセッション

バズセッションは、小グループに分かれて短時間で集中的にアイデアを出し合う手法です。
各グループで出たアイデアを全体で共有することで、多様な視点を取り入れることができます。
例えば、5〜6人の小グループに分かれ、それぞれが10分間でアイデアを出し合い、その後、全体で共有し討議します。
この方法は、グループの規模が小さいため、各メンバーが積極的に参加しやすく、意見交換が活発になります。
バズセッションは、チーム内のコミュニケーションを活性化させ、多角的な視点から問題を検討するのに非常に有効です。
また、小グループでの討議を通じて、アイデアの質を高めることができます。

KJ法

KJ法は、川喜田二郎によって考案された手法で、アイデアや情報をカードに書き出し、グループ分けを行いながら整理する方法です。
視覚的に情報を整理し、関連性を見つけ出すのに役立ちます。
例えば、問題解決のためのアイデアを各自がカードに書き出し、それらをグループごとに分類し、関連性を見つけていきます。
これにより、多様な意見やアイデアを体系的に整理し、重要なポイントや共通項を見つけ出すことができます。
KJ法は、複雑な情報を視覚的に整理することで、問題の本質を明確にし、効果的な解決策を見つけるのに役立ちます。
また、チーム全員が参加するプロセスを通じて、共同作業の効果を高めることができます。

ブレインストーミングのための準備

効果的なブレインストーミングを行うためには、事前の準備が欠かせません。
ここでは、ブレインストーミングを成功させるための準備ステップを詳しく解説します。

ファシリテーター(進行役)を決めておく

ブレインストーミングの進行をスムーズに行うために、ファシリテーター(進行役)を決めておくことが重要です。
ファシリテーターの役割は以下の通りです:

  • 議論の進行管理
    時間管理を行い、議論が円滑に進むようにサポートします。
  • 意見の取りまとめ
    出されたアイデアを整理し、全体像を把握しやすくします。
  • 公平な発言機会の提供
    全員が自由に意見を出せるように促し、特定の人だけが発言しないように注意します。

目標を設定する

ブレインストーミングとは?正しいやり方や4つのルールを詳しく解説ブレインストーミングの目的や目標を明確に設定することで、議論が一貫性を持って進行します。
具体的な目標設定のポイントは以下の通りです:

  • 具体的なテーマ
    議論の対象となるテーマを明確にします。
    例:「新製品のアイデア出し」、「顧客満足度向上の方法」など。
  • 達成目標
    最終的にどのような結果を求めているのかを設定します。
    例:「10個の新しいアイデアを出す」、「現状の問題点を3つ洗い出す」など。

制限時間を設定する

時間を区切ることで、参加者が集中してアイデアを出しやすくなります。
適切な制限時間を設定するためのポイントは以下の通りです:

  • 短時間で集中的に
    通常は20~30分程度の短い時間で集中的に行います。
    これにより、思考のブロックを防ぎます。
  • 適切な休憩を挟む
    長時間のセッションの場合は、適宜休憩を挟むことで集中力を維持します。

活用する手法を決めておく

ブレインストーミングには多くの手法があります。
目的や参加者の特性に応じて最適な手法を選定し、事前に説明しておきます。以下に代表的な手法を紹介します:

  • ランダムワードブレインストーミング
    無関係な単語からアイデアを引き出す。
  • マインドマップ
    中心テーマから関連するアイデアを視覚的に整理する。
  • SCAMPER法
    既存の製品やサービスを改善するための視点を提供する。

基本的なルールを決めておく

ブレインストーミングの基本的なルールを事前に共有し、全員が同じ理解のもとで議論を進めるようにします。
以下に基本的なルールの例を挙げます:

  • 他の意見を否定しない
    否定的なコメントは避け、全ての意見を尊重します。
  • 質より量を重視
    初期段階ではアイデアの質よりも量を重視し、多くのアイデアを出すことを目指します。
  • 自由に発言する
    全員が自由に意見を出せるリラックスした雰囲気を作ります。

ブレインストーミングの進行方法

ブレインストーミングを効果的に進行するためには、明確なステップを踏むことが重要です。
以下に、ブレインストーミングの進行方法を4つのステップに分けて解説します。

①現状把握

まず、現在の状況を正確に把握することが必要です。
これにより、ブレインストーミングの議論の焦点を明確にし、具体的な問題や課題を理解することができます。
現状把握のためのポイントは以下の通りです:

  • 問題点の明確化
    現在直面している問題や課題を具体的に挙げます。
    例えば、「売上が低迷している」「顧客満足度が低下している」など。
  • データの収集
    現状を裏付けるデータや情報を収集し、参加者に共有します。
    これにより、議論のベースラインを確立します。

②現在の状況になってしまった理由

次に、現状がどのようにして生じたのか、その原因を分析します。
原因を理解することで、根本的な解決策を見つけやすくなります。
原因分析のポイントは以下の通りです:

  • 原因の特定
    問題の原因となっている要素を洗い出します。
    例えば、「市場競争の激化」「製品の品質問題」など。
  • 因果関係の整理
    原因と結果の関係を整理し、どの要素がどのように影響しているのかを明確にします。
    これにより、議論の方向性が定まります。

③アイデア出し

ブレインストーミングとは?正しいやり方や4つのルールを詳しく解説原因を把握したら、次に解決策や新しいアイデアを出し合います。
このステップでは、できるだけ多くのアイデアを出すことを目指します。アイデア出しのポイントは以下の通りです:

  • 自由な発言を促す
    全員が自由に意見を出せるようにし、アイデアの質よりも量を重視します。
    創造力を最大限に発揮するため、リラックスした雰囲気を作ります。
  • ブレインストーミング手法の活用
    前述の手法(ランダムワードブレインストーミング、マインドマップ、SCAMPER法など)を活用し、さまざまな角度からアイデアを引き出します。

④アクションプランの設定

最後に、出されたアイデアをもとに具体的なアクションプランを設定します。
実行可能なプランを立てることで、ブレインストーミングの成果を現実の行動に移すことができます。
アクションプラン設定のポイントは以下の通りです:

  • アイデアの評価と選定
    出されたアイデアを評価し、実行可能なものを選定します。
    評価基準には、実現可能性、コスト、影響度などが含まれます。
  • 具体的なステップの明確化
    選定したアイデアをもとに、具体的なアクションステップを明確にします。
    誰が、いつまでに、何をするのかを具体的に決めます。
  • 進捗管理とフォローアップ
    設定したアクションプランの進捗を定期的に確認し、必要に応じてフォローアップを行います。
    これにより、計画の実行度を高めます。

ブレインストーミングが失敗する原因とは

ブレインストーミングは強力なアイデア創出手法ですが、うまくいかない場合もあります。
その原因を理解することで、失敗を避け、より効果的なブレインストーミングを実現できます。
ここでは、ブレインストーミングが失敗する主な原因を4つ挙げ、その対策を解説します。

①質問自体が悪い

レインストーミングの出発点である質問が曖昧であったり、方向性が不明確であったりすると、議論がうまく進みません。
質問の設定が悪いと、参加者はどこに焦点を当ててアイデアを出せばよいのか分からず、効果的なアイデア創出が難しくなります。

②アイデアが出ない

参加者が思考のブロックに陥り、アイデアが出にくい場合があります。
このような状況は、緊張感やプレッシャー、適切な刺激が不足していることが原因となることが多いです。

③上の立場にいる人が参加している

上司や権威のある人物が参加していると、他の参加者が意見を出しづらくなることがあります。
特に、否定的な反応が予想される場合、参加者は自由に発言することを躊躇します。

④参加者が緊張しているor集中していない

参加者が緊張していたり、集中できていないと、ブレインストーミングの効果は大きく減少します。
これには、会議の環境や進行方法が影響します。

まとめ

ブレインストーミングとは?正しいやり方や4つのルールを詳しく解説ブレインストーミングを成功させるためには、事前の準備と適切な進行が不可欠です。
質問の設定、参加者の雰囲気作り、進行方法の工夫など、細部にわたる配慮が必要です。
失敗する原因を理解し、その対策を講じることで、効果的なブレインストーミングを実現し、革新的なアイデアを生み出すことができます。
正しいアプローチを取り入れて、チーム全員の創造力を最大限に引き出しましょう。

この記事をシェアする>>

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

関連記事

キックオフミーティングとは?目的や注意点・開催場所など詳しく解説

2024.05.22

キックオフミーティングとは?目的や注意点・開催場所など詳しく解説

【例文あり】会議をスムーズに進行できる司会者の特徴はコレ!プロが徹底解説

2024.04.22

【例文あり】会議をスムーズに進行できる司会者の特徴はコレ!プロが徹底解説

5月現在[予約受付期間]

2024.05.07

5月現在[予約受付期間]