会議(ミーティング)の効率的な進め方のポイントを詳しく解説

News

052-589-6850052-589-6850

受付時間

平日9:00-17:30
土曜9:00-15:00 日祝休

会議(ミーティング)の効率的な進め方のポイントを詳しく解説

そもそも会議の目的とは何か

会議(ミーティング)の効率的な進め方のポイントを詳しく解説会議とは、組織やチーム内で情報共有や意思決定を行うための重要なプロセスであり、その目的を理解せずに進められると、時間の浪費や混乱が生じかねません。
会議は、参加者が協力し合い、知識や意見を交換する場であり、これらの活動を通じて組織全体の方針や目標に向けて一致団結するための基盤を提供します。

会議にも効率化が求められている時代

現代社会では、ビジネス環境が急速に変化し、時間の制約がますます厳しくなっています。
このため、会議に費やす時間も効率的に活用する必要があります。
効率的な会議進行は、単なる業務の進捗報告だけでなく、新しいアイデアの創出や問題解決にも貢献し、組織全体の競争力を向上させる要素となっています。

会議を効率化するポイントは”事前準備”と”司会進行”に掛かっている

効率化ポイント:事前準備編

事前の準備は、会議の成功に向けての基盤を築く重要なフェーズです。
その中でも特に重要なのは、以下のポイントです。

参加者に資料を事前配布する

会議の成功には、参加者が議題や内容を理解し、準備を十分に行っていることが不可欠です。
その中でも、事前に参加者に資料を配布することは、円滑な議論や合意形成のために重要なステップです。

資料の事前配布にはいくつかの利点があります。
まず第一に、参加者は会議が始まる前に資料を確認し、テーマや議題について事前に理解することができます。
これにより、会議自体が効率的に進み、有益なディスカッションが期待できます。
また、事前に資料を配布することで、参加者は十分な時間をかけて内容を吟味し、必要な情報に対する洞察を深めることができます。
これがあることで、会議中にはより具体的な質問や建設的な提案が生まれ、議論が深まります。
事前の資料配布は、会議が効果的で成果を生むために欠かせない環境整備の一環と言えます。
参加者が準備不足で会議に臨むことがないよう、資料の充実度と事前提供の徹底が求められます。
資料の内容やフォーマットは、会議の性格や目的によって異なりますが、明確で分かりやすいものであることが大切です。
また、資料が重要な意思決定の一環である場合、事前に十分な時間を与えて参加者にじっくりと検討させることが肝要です。

総じて、会議の資料事前配布は、参加者全体がより効果的に参加し、会議の成果を最大化するための手法として、積極的に導入すべきです。
これにより、会議の進行がスムーズになり、参加者がより満足度の高い結論に達することが期待できます。

参加者を絞る

効果的で生産的な会議を実現するためには、参加者を慎重に選定し、本当に必要な人だけを招待することが重要です。
参加者を絞ることで、会議は効率的に進行し、的確な意思決定が可能となります。

まず最初に考慮すべきは、会議の目的とテーマです。
目的が具体的であればあるほど、どのメンバーが本当に必要かを判断しやすくなります。
関連性の低いメンバーが会議に参加することは、貴重な時間の浪費になりかねません。
また、プロジェクトや議題ごとに必要な専門知識やスキルが異なるため、会議の性質に合わせてメンバーを選定することも肝要です。
関連するエキスパートや関係者が的確に集まれば、問題の解決や意思決定がスムーズに行えるでしょう。
さらに、参加者を絞ることでコミュニケーションが密になり、各メンバーが積極的に発言しやすくなります。
冗長な人数だと、発言の機会が制約され、重要な視点や提案が見過ごされる可能性が高まります。
しかし、参加者を絞る際には十分な説明やコミュニケーションが不可欠です。
招待されなかったメンバーにはその理由を明確に伝え、透明性を保つことで、信頼関係の構築が促進されます。
また、組織の中で情報の共有が求められる場合には、非参加者にも議事録や報告を通じて情報を共有することが重要です。
これにより、全体の理解が深まり、組織全体が一体となった意思決定が可能になります。

参加者を絞ることは会議の効率性向上に直結し、組織全体の生産性を向上させる手法の一環です。
適切なメンバーを選定し、透明性を保ちつつ十分な情報共有を行うことで、会議の成果を最大化することができます。

発言のルールを決めておく

効果的な会議を実現するためには、発言のルールを事前に決めておくことが肝要です。
これにより、会議の進行がスムーズになり、参加者全体が意見を述べやすくなります。
以下に、発言のルールを確立する際のポイントを紹介します。

  • 発言の順番を決める会議(ミーティング)の効率的な進め方のポイントを詳しく解説
    会議が円滑に進むためには、発言の順番を決めることが効果的です。
    これにより、議論が乱れず、全ての参加者が十分な発言機会を得られます。
    順番を定めることで、主題から逸れないようにすることも期待できます。
  • 発言時間を制限する
    発言に制限時間を設けることで、会議が時間内に進行しやすくなります。
    短い時間内に的確なポイントを述べることが求められ、冗長な発言や議論の脱線を防ぐことができます。
    これは特に大規模な会議や議題が多岐にわたる場合に有効です。
  • 議題に関連する発言に絞る
    参加者に対して、発言は議題に直接関連したものに絞るように要請します。
    これにより、会議が効果的かつ効率的に進行し、与えられた時間内での的確な討論が可能となります。
  • 相互尊重と聴取
    参加者同士の発言に対して相互尊重の態度を持ち、他のメンバーの発言を注意深く聴くことが求められます。議論を豊かにし、多様な視点を取り入れることで、より良い意思決定が可能となります。
  • ファシリテーターの役割
    ファシリテーターが発言のルールを守らせる役割を果たします。
    彼らの指示に従い、円滑な進行をサポートすることで、議論の品質を向上させることが期待できます。
  • 質問や補足
    発言者が他の参加者からの質問に答える場合や、発言内容に補足が必要な場合には、それを促進するための仕組みを導入します。
    これにより、議論が深まり、全ての参加者が理解を深めることができます。

これらの発言のルールを定めることで、会議はより構造的かつ効果的なものとなり、参加者全体が円滑なコミュニケーションを確保できるでしょう。
発言の品質向上と共に、会議の成果を最大化する手段となります。

スタンディングテーブルを利用する

長時間にわたる会議やディスカッションでは、スタンディングテーブルの導入が効果的であり、参加者のエネルギーを維持し、生産性を向上させることが期待されます。
以下に、スタンディングテーブルの利用に関するポイントを紹介します。

  • エネルギーの維持と集中力向上
    スタンディングテーブルを使用することで、参加者は座っているよりもエネルギッシュな状態を維持できます。
    これが、会議が長時間続く場合でも集中力を高め、積極的な参加を促進します。
    立っていることで血流も良くなり、リフレッシュ効果が期待できます。
  • クリエイティブな発想の促進
    スタンディングテーブルは、古い概念やルーチンから抜け出し、新しいアイデアを生み出すのに役立ちます。
    立っていることで参加者はより自由な発想が可能となり、クリエイティブな解決策の発見が期待できます。
  • 参加者同士のコミュニケーション
    スタンディングテーブルでは、参加者同士が座っているよりも自由に動き回ることができ、他のメンバーとのコミュニケーションが促進されます。
    これにより、情報共有やアイデアの交換がスムーズに行われ、より活発なディスカッションが期待できます。
  • 定例会議やヒアリングの適用
    特に短時間で効率的なコミュニケーションが求められる定例会議やヒアリングなどにおいて、スタンディングテーブルは適しています。
    座ることなく迅速かつ効果的な情報共有が可能であり、会議の効率向上に寄与します。
  • 柔軟な会議スタイル
    スタンディングテーブルを導入することで、会議の進行スタイルに柔軟性が生まれます。
    必要に応じて座って議論する場面と、スタンディングでアイデアを出し合う場面を柔軟に切り替えることができます。
  • モバイルな会議環境
    スタンディングテーブルは通常、モバイルで移動可能なデザインが多いため、必要に応じて会議の場所を変更することが容易です。
    これにより、新しい環境でのアイデア創出や柔軟な業務対応が可能となります。

会議(ミーティング)の効率的な進め方のポイントを詳しく解説スタンディングテーブルの導入は、会議の活性化や生産性の向上に寄与するだけでなく、参加者の健康促進にも寄与します。
特に創造的な議論や迅速な意思決定が求められる場面で、このスタイルの会議環境は有益です。

機材の使用方法を予め理解しておく

会議やプレゼンテーションにおいて、機材のスムーズな操作は効果的なコミュニケーションの一環です。
事前に機材の使用方法を理解し、トラブルや中断を最小限に抑えるためのポイントをご紹介します。

  • 機材のテストと確認
    会議が始まる前に、使用する機材(プロジェクター、音響機器、ビデオカメラなど)の動作確認を行います。
    特にオンラインミーティングでは、ウェブカメラやマイクのテストを忘れずに行いましょう。
    事前のテストで問題が発見されれば、修理や代替機材の用意を検討します。
  • 機材の使い方のトレーニング
    参加者全員が使用する機材に慣れていない場合、基本的な使い方をトレーニングするとともに、問題が生じた際の簡単なトラブルシューティング方法も共有します。
    これにより、参加者が機材の使用に自信を持ち、スムーズな進行が期待できます。
  • 必要なソフトウェアやアプリのインストール
    オンラインミーティングやプレゼンテーションにおいて、特定のソフトウェアやアプリが必要な場合があります。
    参加者に事前にインストールを促し、共通のプラットフォームでの利用を確認します。
    これにより、会議開始時にソフトウェアのインストールに時間を取られなくて済みます。
  • 適切な接続とケーブルの確認
    使用する機材が多岐にわたる場合、適切な接続とケーブルの確認が欠かせません。
    各デバイスやプレゼンテーション用のノートパソコンなどが正しく接続され、信号が問題なく伝わることを確認します。
  • プレゼンテーション用ソフトのマスタリー
    プレゼンテーションを行う場合、使用するソフトウェア(PowerPoint、Keynoteなど)の基本的な操作をマスターしておきます。
    スライドの切り替えやアニメーションの設定、画面共有の方法などを事前に理解しておくことで、スムーズなプレゼンテーションが可能です。
  • セキュリティ対策の確認
    オンラインミーティングにおいては、セキュリティ対策も重要です。
    会議の途中で不正な侵入がないよう、パスワードの設定や会議室のロックなどの対策を事前に行います。

これらのポイントに留意することで、会議やプレゼンテーションにおいて機材に起因する問題を最小限に抑え、スムーズなコミュニケーションが確立されます。
機材に関するトラブルが予測される場合には、専門のサポートスタッフを準備することも検討しましょう。

Web会議で移動時間を削減する

Web会議の活用により、参加者は場所を選ばずに会議に参加でき、移動時間やコストを大幅に削減できます。
以下に、Web会議で移動時間を削減するためのベストプラクティスを紹介します。

  • 適切なオンラインプラットフォームの選定
    会議やミーティングの目的や規模に応じて、適切なオンラインプラットフォームを選定します。
    使い勝手やセキュリティ機能、参加者数の制限などを考慮して、信頼性の高いプラットフォームを選びましょう。
  • 予定通りに会議をスケジュール
    Web会議を効果的に利用するためには、事前に会議をスケジュールしておきます。
    参加者は事前に日時を確認し、移動の必要がないため、時間を有効に使えます。
  • 明確なアジェンダと目標の共有
    会議前に明確なアジェンダと目標を共有し、参加者に準備を促します。
    これにより、会議の進行がスムーズになり、不要な議論や追加のミーティングを防ぎます。
  • デジタルドキュメントの活用
    Web会議ではデジタルドキュメントを活用し、資料や情報をオンラインで共有します。
    共有ドキュメントをリアルタイムで編集できるツールを利用すれば、効率的なコラボレーションが可能です。
  • 効果的なファシリテーション
    Web会議では効果的なファシリテーションが重要です。発言の順番を整理し、議論を進行させるスキルが求められます。
    ファシリテーターは参加者がオンラインでも十分に発言できる環境を整え、円滑な進行をサポートします。
  • ビデオを活用
    Web会議ではビデオ通話を活用することで、対面のようなコミュニケーションが可能です。
    参加者同士の表情やジェスチャーを見ることで、よりリアルなコミュニケーションが築けます。
  • 参加者のタイムゾーンを考慮
    国際的なチームや異なる地域にいる参加者がいる場合は、各参加者のタイムゾーンを考慮してミーティングのスケジュールを決定します。
    これにより、参加者全員が移動なく参加できます。

Web会議の効果的な活用により、参加者は移動時間を削減し、柔軟かつ効率的なコミュニケーションが可能となります。
これにより、業務の効率向上や柔軟なワークスタイルの確立が期待できます。

効率化ポイント:司会進行編

会議(ミーティング)の効率的な進め方のポイントを詳しく解説会議の効率的な進行は、事前の準備だけでなく、的確な司会進行も欠かせません。
その際に留意すべきポイントは以下の通りです。

アイスブレイクを取り入れる

アイスブレイクは、参加者同士の緊張をほぐし、リラックスした雰囲気を醸成するための重要なステップです。
下記に一例をあげてみます。

  • 自己紹介ゲーム
    参加者に自己紹介をしてもらうと同時に、趣味や好きなものを紹介するゲームを導入します。
    これにより、他のメンバーが共感しやすくなり、気軽な雰囲気が生まれます。
  • 2トゥルース・アンド・ア・ライ
    参加者は自分に関する2つの真実(Truth)と1つの嘘(Lie)を述べ、他のメンバーはその中から嘘を当てるゲームです。
    軽い笑いを生み出しつつ、お互いの興味深い一面を知ることができます。

アイスブレイクを導入することで、参加者がよりコミュニケーションをとりやすくなり、会議の効果が向上します。

会議の目的とゴールを全体に参加者に共有する

会議の目的とゴールを明確に伝えることは、参加者が集中し、協力して成果を上げるために重要です。
以下は、その際に考慮すべきポイントと共に、目的とゴールを全体に伝えるためのガイドラインです。

  • 明確な目的設定
    会議の目的はなぜそれを開くのかを明確に定義します。
    具体的で明確な目的は、参加者が会議に対して期待される結果を理解しやすくします。
  • SMART原則の適用
    目標を設定する際には、SMART原則(Specific、Measurable、Achievable、Relevant、Time-bound)を適用します。
    これにより、目標が実現可能であり、成果が評価可能なものになります。
  • 前もって共有
    会議前に目的とゴールを参加者に共有しましょう。
    招集メールやアジェンダに明記することで、参加者が準備をする上での方針が明確になります。
  • 期待する成果を示す
    参加者に会議終了時に得られる成果やアクションアイテムを示します。
    これにより、会議後にも参加者が動くモチベーションが高まります。
  • 参加者の期待を確認
    会議の冒頭で、参加者に会議に対する期待や希望を共有してもらいます。
    これにより、参加者が会議に対して持つ異なる視点や期待を理解しやすくなります。
  • 相互の関連性を説明
    会議の目的とゴールが全体の目標や戦略とどれほど関連しているかを説明します。
    全体のビジョンとの一貫性があれば、参加者はより目的を理解しやすくなります。
  • 質問と議論の促進
    会議中には参加者からの質問や議論を促進しましょう。
    目的やゴールに対する理解が深まり、より良いアイデアや提案が生まれる可能性が高まります。
  • フィードバックの取得
    会議後には参加者からのフィードバックを積極的に取得します。
    目的とゴールに対する理解度や実現可能性に関するフィードバックを収集することで、次回の会議の質を向上させる手がかりとなります。

これらのステップを踏んで、会議の目的とゴールを全体に共有することで、参加者全員が同じ方向を向き、協力して目標を達成することが期待できます。

タイムテーブルに沿って進行する

会議(ミーティング)の効率的な進め方のポイントを詳しく解説会議を効果的に進行させるためには、予め設定したタイムテーブルに従って進めることが重要です。
以下は、タイムテーブルに沿った進行を実現するためのガイドラインです。

  • 明確なアジェンダの設定
    会議前には明確なアジェンダを設定し、各アジェンダアイテムに所要時間を割り当てます。
    これにより、参加者が会議の進行についていきやすくなります。
  • 時間配分の柔軟性
    タイムテーブルには柔軟性を持たせましょう。
    予想以上に重要なディスカッションが発生する場合や、あるいは逆に進捗が早まる場合に対応できるように、余裕を持った設計が望ましいです。
  • 開始と終了の明確な通知
    会議が始まる前にはアジェンダとタイムテーブルを再確認し、開始と終了の時間を明確に通知します。
    これにより、参加者が時間に合わせて準備を進めることができます。
  • タイムキーパーの指定
    会議の進行をタイムキーパーが管理し、アジェンダの進行状況を把握します。
    適切なタイミングで進行状況を確認し、必要に応じてアジェンダの修正や進行のアナウンスを行います。
  • タイマーやリマインダーの活用
    会議ツールを利用して、タイマーやリマインダーを設定します。
    これにより、各議題や活動の制限時間を守りやすくなります。
    特に大きなディスカッションやワークショップ形式の場合に効果的です。
  • 休憩時間の確保
    長時間の会議の場合は、休憩時間をタイムテーブルに組み込みましょう。
    参加者は休憩を取ることで集中力を維持しやすくなり、効率的な議論が可能です。
  • アジェンダの達成度確認
    会議の進行中にアジェンダの達成度を確認します。
    進捗が順調であれば、残りのアジェンダに十分な時間を割り当て、進行が遅れている場合は調整策を検討します.
  • 追加アジェンダの柔軟な組み込み
    予想外の状況や重要なトピックが発生した場合、柔軟にアジェンダに組み込みましょう。
    これにより、重要な議題が無視されることなく、参加者の意見を反映できます。

これらのガイドラインに従い、タイムテーブルに沿った会議進行を実現することで、会議の効果を最大化し、参加者の満足度を高めることができます。

ファシリテーションを意識する

ファシリテーションは、会議参加者全員が主体的に参加できるように促進し、有益な議論やアウトプットを生み出す上で重要な役割を果たします。
その中でも、以下の小見出しに焦点を当てて考えていきます。

参加者が発言しやすい場の雰囲気を作る

会議の雰囲気は、参加者がどれだけ自由に発言できるかに大きく影響します。
積極的な発言を引き出すためには、リラックスした雰囲気づくりが欠かせません。

意見を聞いて論点を明確にする

参加者の意見や提案を注意深く聞き、それを踏まえて会話を進めることで、会議の進行がより深化し、論点が明確化されます。

意見をまとめる

発言や議論が多岐にわたる場合、的確なまとめが不可欠です。
まとめることで、参加者全員が理解しやすくなり、次のステップへの移行がスムーズに行えます。

議論を合意形成に導く

最終的な目標は、議論を通じて合意形成を図ることです。
ファシリテーションを通じて、異なる意見や立場を調整し、全体の一致団結を生み出します。

まとめ

会議の効率的な進め方は、事前の準備と的確な司会進行が相互に補完しあうことで成り立っています。
参加者全員が活発に議論に参加でき、目的を達成するためには、これらのポイントを押さえることが不可欠です。
効果的で生産的な会議を実現するために、事前の計画と円滑な進行が不可欠です。

名古屋駅周辺で会議室をお探しなら「貸し会議室KUWAYAMAへ」

会議室を名古屋駅周辺で探している
自社に会議室がないためどこか適した場所を探している
大人数で集まるので自社の会議室では収容しきれない

といったお客様はいらっしゃいませんか。
貸し会議室KUWAYAMAでは、人数や用途に合わせて会議室をお選びいただけます。

会議や打合せにおすすめのお部屋はこちらをクリック

みなさまからのご予約をお待ちしております!

この記事をシェアする>>

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

この記事を書いた人

スタッフ

スタッフSTAFF

貸し会議室KUWAYAMAの受付スタッフです。 会議室の最新情報をいち早くお知らせいたします。 よろしくお願いします。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

関連記事

褒められる議事録の書き方を覚えよう!例をまじえてご紹介

2024.02.13

褒められる議事録の書き方を覚えよう!例をまじえてご紹介

会議はなぜ眠たくなる?対処法9選をご紹介

2024.02.06

会議はなぜ眠たくなる?対処法9選をご紹介

2月現在[予約受付期間]

2024.02.01

2月現在[予約受付期間]