会議のやり方を徹底解説!注意点もあわせてご紹介

News

052-589-6850052-589-6850

受付時間

平日9:00-17:30
土曜9:00-15:00 日祝休

会議のやり方を徹底解説!注意点もあわせてご紹介

組織やチームが円滑に機能し、目標に向けて進むためには、効果的な会議が不可欠です。
本記事では、「会議のやり方」に焦点を当て、成功に導くポイントや注意点を詳しく解説していきます。
会議が情報共有や意思決定の場として最大限に活用されるためには、計画的かつ効果的な進行が求められます。

会議におけるポイントをご紹介

会議の効率化を図る必要がある会議のやり方を徹底解説!注意点もあわせてご紹介

効果的な会議は、時間の節約や参加者の負担軽減など、様々なメリットをもたらします。
そのためには、会議の効率化が不可欠です。
参加者が有益な情報を収集でき、活発な議論が生まれるよう、スムーズで効果的な進行を心掛けましょう。

念入りな準備が必要

成功する会議は、充実した計画と徹底的な準備に裏打ちされています。
資料やアジェンダの整備、参加者への事前情報提供など、様々な要素が準備されることで、会議の品質は向上します。
準備が行き届いていることで、参加者はより積極的に議論に参加し、意見を交換できるでしょう。

会議の目的を明確にしておく

会議が目的を持っていることは、参加者全体が同じ目標に向かって協力するために不可欠です。
目的を共有し、明確に定義することで、参加者の理解が深まり、より有益な討議が可能になります。

会議のやり方を詳しくご紹介

参加人数に合った会場を準備する

効果的な会議を実現するには、参加人数に適した会場を慎重に選定し、それに合わせて適切な雰囲気と設備を整えることが不可欠です。
会場の選定は、会議の成功に直結する重要なステップです。

まず、参加人数を正確に把握し、会場の広さをそれに合わせて選びます。
広すぎると雰囲気が散漫になりがちであり、逆に狭すぎると参加者が窮屈に感じ、円滑な議論が難しくなります。
参加者が快適に座り、コミュニケーションをとりやすいスペースを確保しましょう。

会議前

資料やアジェンダの準備

会議前には、参加者が事前に確認できるような資料やアジェンダを丁寧に整備しておくことが肝要です。
これにより、参加者は議題に備え、より有益なディスカッションが可能になります。
具体的な資料やアジェンダの内容は、会議の目的やテーマに応じて適切に選定し、明確かつ分かりやすい形でまとめることが求められます。
参加者が事前に資料を確認できることで、会議の効果的な進行が期待できます。

参加者へ情報の共有や呼びかけを行う準備

会議に参加するメンバーに対して、事前に必要な情報を共有し、積極的な参加を促進するための準備が欠かせません。
透明性とコミュニケーションの促進が、会議の成果を高める鍵となります。
これには、事前に参加者に会議の目的や重要なポイントを伝え、彼らが議題に対して適切に備えることが含まれます。
また、参加者同士のコミュニケーションを促進するために、オンラインプラットフォームやコミュニケーションツールを活用することも検討すべきです。

リマインドを行う

会議のやり方を徹底解説!注意点もあわせてご紹介会議前には、参加者に対してリマインダーを送り、出席の確認や最終的な調整を行うことが重要です。
リマインダーを通じて参加者に会議の日時や場所、重要な事項を再確認させることで、会議が円滑に進行し、不足なく情報が共有されるでしょう。
特に、遠隔参加者がいる場合は、オンライン会議ツールのリンクや接続方法なども含めた情報をリマインダーに含めることが重要です。

会議中

会議の趣旨や流れを説明

会議が始まる前に、参加者に対して会議の趣旨や進行予定を明確に説明することが不可欠です。
これにより、参加者は会議の目的や期待される進行に理解を深め、円滑な進行が期待できます。
趣旨や流れの説明は、参加者が会議に集中しやすくするだけでなく、会議の成功に向けた共通の理解を築く重要なステップです。

ルールや参加者の役割を説明

効果的な会議の進行を保つためには、会議のルールや各参加者の担当を明確に説明することが必要です。
これにより、参加者は自身の責任範囲を理解し、円滑なコミュニケーションが生まれます。
ルールや役割の共有は、会議中の混乱や不確実性を最小限に抑え、効果的な協力体制を構築する助けになります。

本来の目的を忘れずに会議を行う

会議中には議題から逸れないよう、本来の目的を常に意識し続けることが重要です。
参加者全員が同じ目標に向かって進むことで、生産的な討議が期待できます。
ファシリテーターは議論の焦点を保ち、参加者が本来の目的を見失わないようにサポートする役割が求められます。

時間は厳守する

会議のやり方を徹底解説!注意点もあわせてご紹介会議時間を厳守することは、参加者全体の協力を得る上で不可欠です。
時間の厳守は効率的で有益な会議を構築する鍵となります。
スケジュール通りに進行することで、参加者は予定を合わせやすくなり、議題に充分な時間を割り当てることができます。

まとめを行う

会議の最後にはまとめを行い、議論の結果や次に取るべきアクションアイテムを確認しましょう。
まとめは会議の成果を整理し、次のステップに進むための方針を示す重要な段階です。
参加者全員が議論の結果に納得し、次に取るべき行動が明確であることが、会議の成功を後押しします。

会議後

決定事項や会議での内容を共有する

会議での決定事項や重要な内容は、速やかに参加者全体に共有することが不可欠です。
情報共有が不足すると、後々の誤解や問題を生じる可能性があります。
共有された情報は、参加者が理解しやすくアクセスしやすい形で提供されるべきです。
これにより、参加者全員が同じ情報を共有し、次のステップに進む上での一貫性が確保されます。
透明性と迅速な情報共有は、組織内外のコミュニケーションを円滑にし、迅速な意思決定を可能にします。

改善点などの振り返りを行う

会議の後は、振り返りを行い、改善点や次回の課題を洗い出すことが重要です。
このプロセスを通じて、組織やチームの発展に寄与する会議の品質向上が期待できます。
振り返りでは、会議の進行やコミュニケーションの質、議題の扱い方などに焦点を当て、良かった点や改善が必要な点を包括的に評価します。
参加者からのフィードバックも収集し、次回以降の会議に生かすための具体的なアクションアイテムを定めることで、持続的な改善が可能となります。
振り返りは組織学習の一環として位置付けられ、チーム全体が共に成長する契機となります。

会議を行う上での注意点

事実と解釈を混合させない

議論の際には、事実と解釈を明確に区別することが求められます。
事実は客観的で確認可能な情報であり、解釈はその事実に対する個々人の意見や評価です。
混同することで意見の対立や誤解が生じる可能性があります。
したがって、参加者は自身の発言や意見を述べる際に、客観的な事実と主観的な解釈を明確に区別し、共通の理解を築く努力を惜しまないようにしましょう。
明確な事実と解釈の区別は、誤解や対立を回避し、効果的なコミュニケーションを確保するための基本原則と言えます。

その場では解決しない事柄について延々と話をしない

会議のやり方を徹底解説!注意点もあわせてご紹介議論が行き詰まったり、解決が難しい事柄については、その場で無理に解決を図るよりも別途対応を検討するべきです。
延々と話を続けることは時間の無駄であり、他の重要な議題への時間が削られる可能性があります。
チーム全体が合意できるより効果的な解決策を模索し、次回の議論や別途の対応で問題に取り組むことで、より効率的かつ的確な結論に達することが期待されます。
冷静かつ柔軟な判断が求められる状況です。

話の内容が本来の趣旨からずれているときちんと戻す

議論が脱線してしまった場合、冷静でありながらも的確に本来の議題に戻すスキルが求められます。
途中で焦点を失わず、混乱を防ぐためには、ファシリテーターまたはリーダーが適切なタイミングで議題に戻すべきです。
明確な目標やアジェンダを意識し、話の脱線が生じた際には円滑な進行をサポートし、効果的なコミュニケーションを確保します。

効率的な会議を開くなら貸し会議室KUWAYAMAへ

会議のやり方を徹底解説!注意点もあわせてご紹介貸し会議室KUWAYAMAでは、さまざまな人数に対応可能が会議室がございます。
150名規模の会議から、少人数で行う会議まで人数に合わせてお選びください。

何かご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

この記事をシェアする>>

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

この記事を書いた人

スタッフ

スタッフSTAFF

貸し会議室KUWAYAMAの受付スタッフです。 会議室の最新情報をいち早くお知らせいたします。 よろしくお願いします。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

関連記事

【例文あり】会議をスムーズに進行できる司会者の特徴はコレ!プロが徹底解説

2024.04.22

【例文あり】会議をスムーズに進行できる司会者の特徴はコレ!プロが徹底解説

【事例あり】会社説明会資料を作る際のポイントとは?事例付きで解説します

2024.04.11

【事例あり】会社説明会資料を作る際のポイントとは?事例付きで解説します

【人事担当必見】会社説明会の実施の手順について詳しく解説します!

2024.04.04

【人事担当必見】会社説明会の実施の手順について詳しく解説します!